バイクレースの最高峰にスズキがカムバック

2013.06.17 自動車ニュース
スズキが開発を進めている1000cc直列4気筒GPレーサー。

バイクレースの最高峰にスズキがカムバック

スズキは2013年6月17日、二輪ロードレースの世界最高峰であるFIMロードレース世界選手権(MotoGP)に、2015年に復帰すると発表した。

 

スズキは2012年からMotoGPへの参戦を休止していたが、このほど、より実戦的なテストを行うためにテストチームを編成。カタロニア(スペイン)で行われる合同テストに参加する。今後は2015年の復帰へ向け、各国のサーキットで走行テストを実施。技術開発を進めていく予定だ。

なお、開発車両はホンダやドゥカティのようなV型ではなく、ヤマハと同じ直列4気筒の1000ccエンジンを搭載。2013年の欧州テストチームは、ダビデ・ブリビオがチームマネージャーを、ランディー・ド・プニエが開発ライダーを務める。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。