フォルクスワーゲン・ザ・ビートル フェンダー エディション(FF/7AT)

ドライブしなけりゃ意味ないね 2013.07.10 試乗記 「ムスタング」「ジャガー」「ブロンコ」「マーヴェリック」と聞いて、クルマではなくフェンダーのエレキギターを思い出したアナタは相当なギター通。そこに今回、「ザ・ビートル」が加わった(!?)というオハナシ。クルマもギターも、ドライブしなけりゃ意味がない!

ボディーカラーは「ブラッキー」のみ

ドアを開けるたびニンマリしてしまう。運転席に座れば、サンバースト仕上げのダッシュボードを前に、ココロウキウキ。ハンドルを握るのが楽しくて仕方ない!

そんな方に買ってほしいのが、いや、そうした人でないと購入する意味がないのが、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル フェンダー エディション」である。言うまでもなく、フォルクスワーゲンが、エレキギター&アンプ・メーカーと手を組んだスペシャルエディション。特別な内外装と、凝ったオーディオシステムが特徴だ。

ふだんのお堅いイメージとは裏腹に、時にボン・ジョヴィとコラボしたり、アディダスやユニクロと手を結んだり。ウォルフスブルグのパートナー選びにはなかなか図りがたいものがあるが、今回は、どうしてビートルとフェンダーの組み合わせ?

「常に理想を追い求め、妥協のない物作りへの姿勢を徹底し続けてきたこと。時代を経て変わらないその情熱は響き合い」とカタログに記載される。なるほど。そういえば、「フェンダー、ギブソン、オモチャじゃねぇんだ」と斉藤和義も歌っている(「幸福な朝食 退屈な夕食」)。ちなみにギブソンの方は、本拠地たるテネシー州ナッシュビルつながりで、同地にスマーナ工場を持つ日産と仲がいいらしい。

さて、ザ・ビートル フェンダー エディションのボディーカラーは、ブラックパールのみ。メッキされたディッシュタイプのホイールがよく似合う。「235/45R18」と、16インチから始まるカタログモデルよりずいぶんアグレッシブなサイズのタイヤを履くのは、接地面積を増やしてコーナリング性能を上げるため、というよりは、もちろん、クラシカルな大径タイヤを装着したオリジナルビートルへのオマージュだろう。そのほか、ドアミラーにもクロムメッキが施され、雰囲気を盛り上げる。付け根の前には、“Fender"のレタリング入り。

フェンダーに「フェンダー」のロゴ。これは「スパゲティロゴ」と呼ばれるもので、フェンダー社の1950年から1964年までの製品に用いられた。
インストゥルメントパネルは、2トーンのサンバースト風仕上げとなる。
目玉装備の「フェンダーサウンドシステム」は、400Wアンプと10チャンネルの9スピーカーによって構成される。写真はフロントウィンドウ前端に配置される60mmのツイーター。フェンダーのギターアンプにちなんだのか「デラックスツイーター」と呼ばれる。

ラゲッジルームの右側面に200mm径のウーハーが備わる。その名も「ベースマンサブウーハー」。ちなみに、室内に計4台搭載されるミッドレンジスピーカーは「ツインスピーカー」(ツインリヴァーブに引っ掛けた?)と呼ばれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る