レクサスIS300h“Fスポーツ”(FR/CVT)/IS250“バージョンL”(FR/6AT)/IS350“Fスポーツ”(FR/8AT)

新世代レクサスの集大成 2013.06.21 試乗記 「真の“走る楽しさ”の体現」をキーワードに開発された新型「IS」。同モデル初のハイブリッド「300h」からトップグレード「350」まで、最新レクサスの走りを試した。

“スポーツ”にとことんこだわる

2005年の8月に日本でも立ち上げられたレクサスブランド。その中にあって、スーパースポーツである「LFA」を除くと、「IS」は「ラインナップきってのスポーツモデル」という位置づけだ。海外マーケットに向けては初代のISであり、日本国内では「トヨタ・アルテッツァ」として販売された先々代モデルから、そうした位置づけに変わりはないという。

そして、このほどデビューした3代目モデルが、その“スポーツ”というキャラクターをより際立たせる方向でのリファインを行った事は明らかである。一見して「ISだ」と理解できる全体の雰囲気をキープしつつも、例のスピンドルグリルや、リアドアの下部からテールランプに向けて大胆に跳ね上がるキャラクターラインなど、よりアグレッシブで躍動感に富んだデザインを採用しているからだ。

一方で、そんな新型ISのボディーディメンションが、全長は「メルセデス・ベンツCクラス」と同等、全幅は「BMW 3シリーズ」と10mm違い、ホイールベースは3シリーズ/「アウディA4」とやはり10mm違い、という値に落ち着いた事は、このモデルがいわゆる“欧州Dセグメント”のカテゴリーをあらためて強く意識している事実をも示している。

販売の主戦場はアメリカであっても、そこでのコンペティターとして考えるのも、クルマづくりの参考として一目置くのも、やはり“ジャーマン・プレミアム3”。――それは間違いないのである。

新世代レクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」が印象的なフロントマスク。写真は「IS300h“Fスポーツ”」。
フロントフェンダーには「F SPORT」のエンブレムが配置される。写真のボディーカラーは“Fスポーツ”専用色のホワイトノーヴァガラスフレーク。
リアドアの下部からテールランプまで大胆に跳ね上がるロッカーラインでダイナミックなフォルムを表現したサイドビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る