「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売

2013.06.20 自動車ニュース
無限のパーツを装着した「ホンダ・アコード ハイブリッド」。
無限のパーツを装着した「ホンダ・アコード ハイブリッド」。

「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売

無限(M-TEC)は2013年6月20日、「ホンダ・アコード ハイブリッド」用のカスタマイズパーツを、同年6月21日より順次発売すると発表した。


「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売の画像
19インチアルミホイールの「MDA」。
19インチアルミホイールの「MDA」。
「スポーツマット」はフロント、リア合わせて5枚のセット。
「スポーツマット」はフロント、リア合わせて5枚のセット。
「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」
「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」

今回のカスタマイズパーツは、「Advanced Sports Sedan」をコンセプトに、アコード ハイブリッドのスポーツ性をさらに先鋭化させたものになっているという。

エクステリアでは、同車の優れた空力特性を生かしつつ、整流効果をねらったエアロパーツをラインナップ。フロントグリルガーニッシュとリアスポイラーには、UVカットクリアコート仕上げのドライカーボン素材を採用している。
またホイールには、同車専用デザインの商品「MDA」を設定。サイズはノーマルより2インチ大きな19インチ×8Jで、鋳造でありながら、リムにスピニング加工を施すことで軽さと剛性の高さを両立しているという。

一方インテリアでは、アコード ハイブリッドの黒い内装に合わせた、黒基調の「スポーツマット」を用意。素材には従来のものより目付け量の多い生地を採用しており、計3カ所に「無限」ロゴ入りのメタルプレートをあしらっている。

このほかにも、広角ブルーミラーの「ハイドロフィリックミラー」や、無限レーシングエンジンの構成部品と同様にマシニングマシンで製作している「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」などのパーツもラインナップ。12月下旬には、「スポーツサスペンション」も発売される予定だ。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る