「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売

2013.06.20 自動車ニュース
無限のパーツを装着した「ホンダ・アコード ハイブリッド」。
無限のパーツを装着した「ホンダ・アコード ハイブリッド」。
    拡大

「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売

無限(M-TEC)は2013年6月20日、「ホンダ・アコード ハイブリッド」用のカスタマイズパーツを、同年6月21日より順次発売すると発表した。


「アコード ハイブリッド」用の無限パーツ発売の画像 拡大
19インチアルミホイールの「MDA」。
19インチアルミホイールの「MDA」。
    拡大
「スポーツマット」はフロント、リア合わせて5枚のセット。
「スポーツマット」はフロント、リア合わせて5枚のセット。
    拡大
「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」
「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」
    拡大

今回のカスタマイズパーツは、「Advanced Sports Sedan」をコンセプトに、アコード ハイブリッドのスポーツ性をさらに先鋭化させたものになっているという。

エクステリアでは、同車の優れた空力特性を生かしつつ、整流効果をねらったエアロパーツをラインナップ。フロントグリルガーニッシュとリアスポイラーには、UVカットクリアコート仕上げのドライカーボン素材を採用している。
またホイールには、同車専用デザインの商品「MDA」を設定。サイズはノーマルより2インチ大きな19インチ×8Jで、鋳造でありながら、リムにスピニング加工を施すことで軽さと剛性の高さを両立しているという。

一方インテリアでは、アコード ハイブリッドの黒い内装に合わせた、黒基調の「スポーツマット」を用意。素材には従来のものより目付け量の多い生地を採用しており、計3カ所に「無限」ロゴ入りのメタルプレートをあしらっている。

このほかにも、広角ブルーミラーの「ハイドロフィリックミラー」や、無限レーシングエンジンの構成部品と同様にマシニングマシンで製作している「ヘキサゴンオイルフィラーキャップ」などのパーツもラインナップ。12月下旬には、「スポーツサスペンション」も発売される予定だ。

(webCG)

 

関連キーワード:
アコードホンダカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ 2018.2.8 自動車ニュース ホンダが最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。運転支援システムに、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」を採用した。ボディーやシャシーに改良を施すことで、運動性能や乗り心地の改善も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る