お菓子のような「スズキ・アルトラパン」登場

2013.06.19 自動車ニュース
「スズキ・アルトラパン ショコラ X」。ボディーカラーはカシスピンクパールメタリック。
「スズキ・アルトラパン ショコラ X」。ボディーカラーはカシスピンクパールメタリック。

お菓子のような「スズキ・アルトラパン」登場

スズキは2013年6月19日、女性ユーザーをターゲットとした軽乗用車「アルトラパン ショコラ」を発売。同時に「アルトラパン」に一部改良を実施した。

■魅力は専用デザインのエクステリア&インテリア

「アルトラパン ショコラ」は、軽乗用車「アルトラパン」をベースに独自の内外装デザインを取り入れたものである。

エクステリアでは、HID内蔵の丸目ヘッドランプを採用したフロントマスクが特徴で、これとイメージを合わせてリアコンビネーションランプにもクリアレンズを採用。前後バンパーも、シルバー塗装とメッキの加飾を組み合わせた専用品となっている。
また、テールゲートには板チョコレート型の専用エンブレムを貼付。ボディーカラーはショコラ専用の「カシスピンクパールメタリック」や、新色の「シャンパンピンクパールメタリック」など全8色を設定。ホワイトのツートンルーフ仕様とあわせ、全12種類のカラーバリエーションを用意している。

一方、深みのあるブラウンを基調に、アイボリーと赤の3色でコーディネートされたインテリアには、レザー調表皮の専用縫製シートや本革巻きステアリングホイールなどを採用。メッキ調リングで飾られたメーターには、「Chocolat」のロゴがあしらわれている。
 

■NAのCVT仕様は全車がエコカー減税の免税対象に

また、軽乗用車「アルトラパン」の一部改良も同時に実施された。具体的には、自然吸気(NA)エンジン搭載の4WD・CVT車にアイドリングストップ機構を採用することで、燃費を従来の22.0km/リッターから25.2km/リッターに向上。これにより、NAエンジン搭載のCVT車は全てエコカー減税の免税対象車となった。また廉価グレード「G」の4段AT仕様に、4WD車が追加された。

装備も見直されており、「XL」「TL」のフロントドアには、ショコラの「X」と同じく、赤外線を遮断し、紫外線も99%カットするプレミアムUV&IRカットガラスを採用。フロントウィンドウにもIRカット機能付きガラスが採用された。

ほかにもXLとTLには、スマートフォン連携ナビゲーションをメーカーオプション設定。運転席にはシートヒーターが装備された。(ショコラでは、前者は全グレードにオプション設定、後者は4WD車に標準装備)

また、エコドライブ度やアイドリングストップの作動状況を、ウサギのアニメーションで表現するマルチインフォメーションディスプレイを全車に採用。GのCVT仕様には、フルオートエアコンや電動格納式リモコンドアミラー、運転席・助手席バニティーミラーなどをセットでオプション設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

アルトラパン ショコラ
・G:129万1500円(FF)/141万9600円(4WD)
・X:136万2900円(FF)/149万1000円(4WD)

アルトラパン
・G(4AT):104万7900円(FF)/117万6000円(4WD)
・G(CVT):114万9750円(FF)/127万7850円(4WD)
・XL:127万2600円(FF)/139万7550円(4WD)
・TL:140万7000円(FF)/153万1950円(4WD)

(webCG)

→「スズキ・アルトラパン ショコラ」の詳しい画像はこちら

 

 

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る