第236回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(前編)−「ベルトーネ」と「オレンジ」の深いカンケイ

2012.03.16 エッセイ

第236回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(前編)「ベルトーネ」と「オレンジ」の深いカンケイ

ジウジアーロデザインの真骨頂

第82回ジュネーブモーターショーが2012年3月18日まで開催されている。ジュネーブの特色といえば、毎年アルプスを越えてやってくるトリノのカロッツェリアたちである。3大カロッツェリアは、ここ数年の波乱をそれぞれの形で乗り越え、本格的な意気込みを取り戻しつつある。

まずは出展42年目を迎えたイタルデザイン・ジウジアーロから。
フォルクスワーゲン(以下、VW)グループ入り後、初の出展だった昨2011年は、VW「up!」ベースのハイブリッド車「Tex」とEVの「Go」という、比較的堅めなコンセプトカーにとどまった。
いっぽう今年は、ゴージャスなGT「Brivido(ブリヴィド)」を公開した。全長4980mm、全幅1960mmという堂々たるディメンションにもかかわらず、最大限の室内長を確保すべく努力しているところは、さまざまな小型車で同様の手法をみせてきたジウジアーロらしい。

お披露目には、VWグループのデザイン総責任者ワルター・デ・シルヴァ、ロータスのデザインディレクターであるドナート・ココ、元F1ドライバーで現在は解説者などを務めるジャン・アレジ(両親はイタリア人でジウジアーロと長年の親友である)など、“イタリアン・コネクション”が顔を揃えた。

“Brivido”とはイタリア後で「身震い」を意味する。この名前、開幕直前まで発表されなかったところを見ると、かなり切羽詰まってから決定したようだ。ただしショー出展車のネーミングというのは古くからそういうもので、かの「ランボルギーニ・カウンタック」(または「クンタッチ」。ピエモンテ方言で「ああ驚いた」の意味)も、最終準備段階でスタッフらが作業中に決めたものである。

イタルデザイン・ジウジアーロの「ブリヴィド」。
第245回:クルマお話流家元・大矢アキオのジュネーブショー(前編)−「ベルトーネ」と「オレンジ」の深いカンケイ
「ブリヴィド」に乗り込んだジャン・アレジに説明する、ジョルジェット・ジウジアーロ。
第245回:クルマお話流家元・大矢アキオのジュネーブショー(前編)−「ベルトーネ」と「オレンジ」の深いカンケイ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。