「マツダ・フレアワゴン」にカスタム仕様が登場

2013.06.20 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXT」
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXT」

「マツダ・フレアワゴン」にカスタム仕様が登場

マツダは2013年6月20日、軽乗用車「フレアワゴン カスタムスタイル」を発表した。同年7月18日に販売を開始する。

「フレアワゴン カスタムスタイルXS」
「フレアワゴン カスタムスタイルXS」

同車は「マツダ・フレアワゴン」の内外装をドレスアップしたもので、2013年6月12日に発表された「スズキ・スペーシア カスタム」のOEM車にあたる。

仕様や装備はほぼ「スペーシア カスタム」に準拠しており、エクステリアではLEDイルミネーション付きのフロントグリルや、フォグランプ付きフロントバンパー、新デザインのアルミホイールなどを装備。一方インテリアでは、黒基調の内装色やシルバー加飾を施したインサイドドアハンドル、本革巻きステアリングホイールなどを特徴としている。

燃費は自然吸気エンジンを搭載した「カスタムスタイルXS」のFF車で27.8km/リッター、同4WD車で26.8km/リッター、ターボエンジン搭載の「カスタムスタイルXT」のFF車で26.0km/リッター、4WD車で25.0km/リッター。いずれもエコカー減税の免税対象車となっている。(数値はいずれもJC08モード)

価格は以下の通り。
・カスタムスタイルXS:151万2000円(FF)/162万9600円(4WD)
・カスタムスタイルXT:163万8000円(FF)/175万5600円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良。ターボモデルを「カスタムスタイルXT」の1グレードに集約したほか、一部グレードに防眩(ぼうげん)式ルームミラーやバックアイカメラを採用するなど、安全装備を強化している。
  • マツダ、軽乗用車フレアワゴンを一部改良 2015.5.28 自動車ニュース 「マツダ・フレアワゴン」が一部改良。モーターアシストの採用で燃費を改善。
ホームへ戻る