フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)

値段に見合う価値がある 2013.07.01 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?

これぞイタリアン・コンパクト

ふっくらと丸みを帯びた新しい「パンダ」を初めて見たとき、「まさか、また大きくなってしまったのか……!?」と胸騒ぎがした。「パンダのようなクルマは小さいがゆえに存在価値がある」という自らの考えゆえのことだった。
しかし実際には、外寸はそれほど拡大されていない。全長はほとんど伸びていないし、車幅は5ナンバーの枠内にある。それでいて、ヘッドレストが3つ並ぶ後席の光景には、旧型パンダのオーナーである筆者はビックリさせられた。資料によると、室内幅の拡大はわずか5mm(!)でしかない。なのにこの広さ。驚異的といっていい。同様に室内幅が26mm広がったという前席に座ってみると、こちらも確実に広くなっている。外寸の拡大は最小限にとどめながら、室内を広く魅力的に見せる――これぞイタリア流デザインの真骨頂である。

シートの着座位置は、旧型よりも低い。外から見ると高くなったように感じられる重心高も、実際に乗って走らせてみると、むしろ低くなったという印象を受ける。ドライバーの腰のあたりがクルマの動的な重心高とほぼ同じだから、運転していると、まるで重心高が低くなったようにも感じられるのだ。
ドアの高さもほどよくて、乗員は「守られている」という実感を得られる。また、沈み込むように座った場合には、相対的にクルマが大きくなったようにも感じられる。
なにより、穏やかな目元をはじめとするシンプルで洗練されたスタイリングは、なんとも言えない心地よさを醸し出しており、それが、最近のとげとげしいディテールに飾られた多くのクルマたちからは得られない、ほっとする安らぎを与えてくれる。これもまたイタリアンデザインの本質的な魅力といえる。

1979年に生まれたオリジナルのパンダは「シトロエン2CV」と発想を同じくする“ミニマムトランスポーテーションの権化”であり、2代目パンダはデビュー年(2003年)の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した名車でもある。今回の3代目はその延長線上にあり、オリジナルと同様に小さな実用車の典型という思想を継承した上で、小型イタリア車にふさわしいかわいらしさも併せ持つ。よって、このモデルチェンジは大成功といえると思う。

3代目となる新型「フィアット・パンダ」。全体的なシルエットからヘッドランプやグリルといったディテールにいたるまで、“丸みを帯びた四角”をモチーフにデザインされている。
3代目となる新型「フィアット・パンダ」。全体的なシルエットからヘッドランプやグリルといったディテールにいたるまで、“丸みを帯びた四角”をモチーフにデザインされている。
先代モデルから受け継いだリアクオーターウィンドウが特徴的な、サイドビュー。ごろりとしたシルエットだが、Cd値=0.32の空力性能を誇る。
先代モデルから受け継いだリアクオーターウィンドウが特徴的な、サイドビュー。ごろりとしたシルエットだが、Cd値=0.32の空力性能を誇る。
ダークグレー×サンドベージュのツートンカラーで仕立てられるインテリア。
ダークグレー×サンドベージュのツートンカラーで仕立てられるインテリア。
フロントシートの背もたれは、外装とおそろいの(=角を丸めた四角形の)カラフルな模様で飾られる。
フロントシートの背もたれは、外装とおそろいの(=角を丸めた四角形の)カラフルな模様で飾られる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る