テスラ、都内4カ所に急速充電器を追加

2012.03.16 自動車ニュース

テスラモーターズ、都内に急速充電ポイントを4カ所設置

テスラモーターズは2012年3月13日、森トラストと協業して、都内4つのオフィスビルにテスラ専用急速充電ポイントを設置したと発表した。

テスラモーターズの販売する電気自動車は、「テスラ・ロードスター」の場合で1充電あたり最長394km走行できるなど、航続距離が長いことをウリとする。ただ、日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」を採用しておらず、独自の方式を用いるため、専用の急速充電ポイントの拡充を進めてきた。

テスラは2010年5月の日本導入以来、これまでに北は「仙台トラストシティ」(仙台市青葉区)、南は「西鉄グランドホテル」(福岡市中央区)まで、各地にテスラ専用急速充電ポイントを設置し、その数は現在30を超えるという。

今回新たに設置が決まったのは、「丸の内トラストタワー」(千代田区丸の内)、「城山トラストタワー」(港区虎ノ門)、「虎ノ門2丁目タワー」(港区虎ノ門)、「御殿山トラストタワー」(品川区北品川)の4カ所。これらの充電ポイントは、3月15日にサービスを開始した。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。