「シトロエンC3」がフロントマスクを一新

2013.06.21 自動車ニュース
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」
    拡大

「シトロエンC3」がフロントマスクを一新

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年6月21日、「シトロエンC3」に一部改良を実施し、7月5日に発売すると発表した。


「シトロエンC3」がフロントマスクを一新の画像 拡大
「C3 エクスクルーシブ」のインテリア。
「C3 エクスクルーシブ」のインテリア。
    拡大

今回の改良は、内外装のデザインの変更と装備の強化が主となっている。
エクステリアでは、新デザインのラジエーターグリルを中心にフロントマスクを一新。ヘッドランプの下にはLEDランプが追加された。ボディーカラーは新色の「ブルー アンクル」と「ルージュ ルビ」の2色を含む、全5色の設定となっている。

一方インテリアでは、シートとダッシュボードのカラーを変更。「セダクション」がブラン/ミストラルのツートンシートにタングステンのダッシュボード、「エクスクルーシブ」がミストラルのシートにグリミラーのダッシュボードの組み合わせとなった。

装備の設定については、8スピーカーHiFiオーディオが全グレードに採用されたほか、下位グレードの「セダクション」にもオートエアコンが装備された。

なお、パワーユニットなどに変更はなく、最高出力120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせとなる。

ハンドル位置は右のみで、価格は「セダクション」が210万円、「エクスクルーシブ」が240万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • コーヒー好きのあなたに 「シトロエンC3」の特別仕様車発売 2018.6.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年6月7日、「シトロエンC3」の特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を発売した。同車は、“サードウエーブコーヒー”と呼ばれる、近年話題となっている新しいコーヒー文化をイメージした、日本独自企画の特別仕様車である。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る