「シトロエンC3」がフロントマスクを一新

2013.06.21 自動車ニュース
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」

「シトロエンC3」がフロントマスクを一新

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年6月21日、「シトロエンC3」に一部改良を実施し、7月5日に発売すると発表した。


「シトロエンC3」がフロントマスクを一新の画像
「C3 エクスクルーシブ」のインテリア。
「C3 エクスクルーシブ」のインテリア。

今回の改良は、内外装のデザインの変更と装備の強化が主となっている。
エクステリアでは、新デザインのラジエーターグリルを中心にフロントマスクを一新。ヘッドランプの下にはLEDランプが追加された。ボディーカラーは新色の「ブルー アンクル」と「ルージュ ルビ」の2色を含む、全5色の設定となっている。

一方インテリアでは、シートとダッシュボードのカラーを変更。「セダクション」がブラン/ミストラルのツートンシートにタングステンのダッシュボード、「エクスクルーシブ」がミストラルのシートにグリミラーのダッシュボードの組み合わせとなった。

装備の設定については、8スピーカーHiFiオーディオが全グレードに採用されたほか、下位グレードの「セダクション」にもオートエアコンが装備された。

なお、パワーユニットなどに変更はなく、最高出力120psを発生する1.6リッター直4エンジンに4段ATの組み合わせとなる。

ハンドル位置は右のみで、価格は「セダクション」が210万円、「エクスクルーシブ」が240万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る