第191回:これが最新の「ウニモグ」だ! ~“はたらくクルマ”のイマをリポート

2013.06.22 エッセイ
2013年4月にデビューした新型「ウニモグ」。写真は、ドイツ本国の発表会に展示された多目的作業型「U423」。
2013年4月にデビューした新型「ウニモグ」。写真は、ドイツ本国の発表会に展示された多目的作業型「U423」。

独ダイムラーが手がける作業用トラック「ウニモグ」が、久々にフルモデルチェンジ。“はたらくクルマ”の代名詞は、どんな進化を遂げたのか? 発表会の様子や関連施設の情報とともに紹介する。

こちらは、先代のコンパクトウニモグ「U20」。
こちらは、先代のコンパクトウニモグ「U20」。
同じく先代の「U400」。写真のように、アタッチメント(例:草刈り機)を装着して作業を行う。
同じく先代の「U400」。写真のように、アタッチメント(例:草刈り機)を装着して作業を行う。
今回の新型発表に先立ち、2011年にはコンセプトモデル「60thコンセプト」も発表された。
今回の新型発表に先立ち、2011年にはコンセプトモデル「60thコンセプト」も発表された。
「60thコンセプト」のリアビュー。作業用車とは思えぬ、未来的なエクステリアをまとう。
「60thコンセプト」のリアビュー。作業用車とは思えぬ、未来的なエクステリアをまとう。

進化を続ける“動力装置”

トラックやバスなど、ひと口に「はたらくクルマ」といっても、ジャンルやサイズ、用途はさまざま。車種名を聞いても、即座に思い浮かばないようなクルマだって多いと思う。しかし、はたらくクルマに特別な興味がなくとも、ちょっとしたクルマ好きなら「ウニモグ」という名前はご存じだろう。「あぁ、高速道路や工事の現場で見かけたことのある、黄色くて丸っこいやつかな……」と、思い出す人もいるのではないだろうか。

2013年4月19日、ウニモグは大規模なモデルチェンジを実施、新型モデルがデビューした。
ウニモグとはドイツ語の「Universal Motor Gerät」の頭文字部分をつなげて読んだもので、直訳すると「多目的動力装置」という意味だ。誕生したのは第二次大戦の終戦から間もない1951年。エンジンの出力を車外に取り出す機構「PTO(パワーテイクオフ)」を備えており、それを利用した作業用アタッチメントを使って、丘陵地帯の田畑で作られた農作物を引き上げ、そのまま荷台へと積み込み、アウトバーンを走って市場へと運ぶための道具として開発された。そのため、初期モデルから車体の前後左右には、さまざまな作業機器を駆動させるためのPTOを装備しており、泥濘(でいねい)地や丘陵地帯でも走行できるよう総輪駆動が採用されたのである。

誕生から60年を迎えた2011年には“ウニモグの未来像”を提案したコンセプトモデルも発表されており、熱狂的ファンの間では次期モデルへの期待と興味が高まっていた。さて、フルモデルチェンジを果たした、待望の新型ウニモグとはどのようなクルマ、いや装置で、一体何が進化したのだろうか……?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ