日産、電動レースカーで2014年のルマンに参戦

2013.06.21 自動車ニュース
「日産ZEOD RC」
「日産ZEOD RC」

日産、電動レースカーで2014年のルマンに参戦

日産自動車は2013年6月21日、電力駆動のレーシングカー「日産ZEOD RC」を公開。同車で2014年のルマン24時間耐久レースに参戦すると発表した。

ZEOD RCは、「日産リーフ」のリチウムイオンバッテリー技術を活用したレーシングカーであり、最高速は300km/h以上。開発は「日産デルタウィング」にも携わったベン・ボウルビーが指揮を執り、ルマン24時間耐久レースに、新しい環境技術を採り入れた特別枠「ガレージ56」より出場する予定となっている。

日産では現在、ルマンのトップカテゴリーである「LMP1」クラスへの、将来的な復帰を検討。ZEOD RCによる2014年のルマン参戦について、日産のアンディ・パーマー副社長は「LMP1クラスへの復帰を目指す上で、日産の技術力を今後どのように活用できるのかを評価するための、貴重な技術開発の機会となる。非常に多くのデータを得ることができるだろう」とコメントしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。