【スペック】全長×全幅×全高=4630×1845×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=435万円(テスト車=同じ)

ボルボS60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】

スポーティーセダンの在り方 2012.03.15 試乗記 ボルボS60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)
……435万円

1.6リッターターボエンジンを搭載する「S60」に「R-DESIGN」が限定で設定された。環境性能とスポーティー性を両立させたモデルの走りを試す。

100台限定の「R-DESIGN」

ボルボの「R-DESIGN」は、専用の内外装と強化されたシャシーが与えられたグレードである。3リッター6気筒エンジンを搭載するAWD(4WD)の「S60」「V60」「XC60」と、2.5リッター5気筒を積む「C30」にはカタログモデルとして存在するが、今回登場した「S60 T4 R-DESIGN」は100台の限定販売となる。

ベースになったのは、1.6リッター4気筒ターボエンジンを搭載する「S60 DRIVe」。パワートレインはそのままに、シャシーのチューニングが施されている。フロントとリアのスプリングを「S60 T6 AWD SE」よりも15%強化し、リアのダンパーが応答性の高いモノチューブタイプになり、さらにはブッシュ類も見直された。専用のストラットタワーバーも備えるほか、DSTC(ダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール)も進化しているという。

シャシーの強化ばかりでなく、外装と内装も他のR-DESIGNに準じて仕立てられている。フロントグリルは光沢のあるブラックに塗られ、R-DESIGN専用のフロントバンパーとリアにはディフューザーが付き、5本スポークの18インチ径アロイホイールが装着される。
室内に目を移すと、T-Tec/テキスタイル/本革のコンビネーションシート、専用のアルミニウムパネル等が採用され、これまたスポーティーな雰囲気に満ちている。

T-Tec/テキスタイル/本革のコンビネーション・スポーツシートは、オフブラック/セラミックライト/オフブラックでコーディネイト。フロントシートバックには、「R-DESIGN」のロゴが配される。
T-Tec/テキスタイル/本革のコンビネーション・スポーツシートは、オフブラック/セラミックライト/オフブラックでコーディネイト。フロントシートバックには、「R-DESIGN」のロゴが配される。
専用アルミパネルのセンタースタック。波紋状のサークルパターンは、オーディオのメインスイッチから広がる。
専用アルミパネルのセンタースタック。波紋状のサークルパターンは、オーディオのメインスイッチから広がる。
R-DESIGN専用のアルミホイール“Ixion”。タイヤサイズは235/40R18。
R-DESIGN専用のアルミホイール“Ixion”。タイヤサイズは235/40R18。
エクステリアは、専用の前後バンパーに加え、「R-DESIGN」エンブレム付きシルクメタルフロントグリルやデュアルスポーツテールパイプ、ディフューザーなどが装着される。
エクステリアは、専用の前後バンパーに加え、「R-DESIGN」エンブレム付きシルクメタルフロントグリルやデュアルスポーツテールパイプ、ディフューザーなどが装着される。
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2014.3.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
ホームへ戻る