三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)

“三強”なんて言わせない! 2013.06.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。

“元祖”は三菱だったのに……

“満を持して”=「弓をいっぱいに引き絞った状態」。まさに、そんな状態のはずだ。三菱自動車が新型軽自動車を発表するのは、2008年9月の「トッポ」以来になる。久しぶりに軽自動車の主戦場たるトールワゴンを投入するのだから、力が入らないわけがない。しかもこの「eKワゴン」「eKカスタム」は、三菱と日産との合弁会社「NMKV」が企画・開発し、日産ブランドの兄弟車「デイズ」と同時に発売するという新しい試みなのだ。

そもそも、三菱は1990年に「ミニカ トッポ」でこのジャンルを切り開いたという自負がある。その後2001年の初代eKワゴンは立体駐車場に収まる車高をアピールしてセミトールワゴンを名乗ったのだが、市場の関心はさほどでもなかった。軽のユーザーは車内の広さを追い求め、「スズキ・ワゴンR」や「ダイハツ・ムーヴ」が完全にメインストリームとなったのだ。あわててeKワゴンをベースにトッポを復活させたのだが、時すでに遅し。さらにホンダが「N BOX」と「N-ONE」で参入し、今や軽の“三強時代”という状態になっている。

それでもこの激戦区にタマを持っていなくては、話にならない。日本で販売される乗用車の3分の1を軽自動車が占め、さらにその4割以上がトールワゴンなのだ。三菱と日産を合わせても軽市場の約11パーセントのシェアしかない現状を打開するための、期待の星がeKワゴンというわけである。強敵ばかりの相手に対し、何を武器に戦うのか。

「eKワゴンG」のFF車に搭載されるエンジンは圧縮比が12.0で49psと5.7kgmを発生する。4WDモデルは圧縮比が10.9となり、49psと6.0kgmを発生する。
「eKワゴンG」のFF車に搭載されるエンジンは圧縮比が12.0で49psと5.7kgmを発生する。4WDモデルは圧縮比が10.9となり、49psと6.0kgmを発生する。
室内の収納スペースも豊富で、アッパーグローブボックスにはティッシュボックスが収納可能。
室内の収納スペースも豊富で、アッパーグローブボックスにはティッシュボックスが収納可能。
 
三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る