マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)

もっと売れていいはず 2013.06.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?

ミニバン界きってのカルトカー?

「ビアンテ」に、マツダ渾身(こんしん)のスカイアクティブ(のパワートレイン)が載った。搭載されたのは、「プレマシー」や「アクセラ」などと同じ2リッターガソリンと6ATの組み合わせ。これにともなって、既存の2.3リッター(直近の販売では、2.3リッターはビアンテ全体の1%にも満たなかったという)が廃止されて、FF車はスカイアクティブ2リッター1本となった(4WD車にのみ、従来型2リッターDISIエンジンが残る)。

新しいスカイアクティブ・ビアンテの本体価格は従来比で少し値上げとなるが、2リッター級ワンボックスとしては「日産セレナ」(のS-HYBRID)とならぶエコカー免税対象車に昇格したために、乗り出し価格は実質的にわずかな値下げになる。

ビアンテは「トヨタ・ヴォクシー/ノア」「日産セレナ」「ホンダ・ステップワゴン」という3強が寡占する“5ナンバーワンボックス市場”に真正面からチャレンジしたマツダ車であり、昨年インドネシアでの販売が決定するまで、マツダでは数少ない完全国内専用車だった。ただ、なんだかんだ言っても今も月間1万台レベルで互いにシェア争いをする3強に対して、ビアンテの販売台数は2008年以降のモデルライフを通しても月間平均2000台以下、最近では3ケタにとどまっていたという。

まあ、完全に3ナンバー幅になる全幅とか、収納できないサードシート(荷室を最大化するときはロングスライドで前方に追いやるタイプ)、あるいはこの種のワンボックスでは異例に低いフロントシートから階段状に上がっていく独特のシートレイアウト、良くも悪くも個性的なスタイリング……など、ビアンテはワンボックスの王道というより、どうしてもカルト路線にならざるを得ないのは明白だ。これら独特のパッケージやスタイルは、ビアンテが先代アクセラのプラットフォームをベースとしていることの宿命でもあるが、ビアンテの価格や室内空間などの商品力を考えると、カルト好きの私なんぞは「いくらなんでも、もう少し売れてもいいんじゃないの?」と思ったりもする。

ただ、昨年追加された特別仕様の「グランツ」などは、明らかに既存デザインより一般ウケしそう……と外野の私は思うのだが、実際の売上はグランツ追加後も主力はあくまで既存モデル。だから、今回のマイナーチェンジでもグランツ一本化にはならなかった。……といった現状から考えるに、ビアンテはすでに「普通っぽいのだけは、とにかくイヤ!」という変わり者(?)に支えられる真正カルトカーへの道を邁進(まいしん)しているようにも見える。

5ナンバー枠をゆうに超える全幅の持ち主だが、技術者いわく「ミラーを含めた全幅はライバル車とほぼ同じなので、取りまわしやすさは同じのはず」とのこと。
5ナンバー枠をゆうに超える全幅の持ち主だが、技術者いわく「ミラーを含めた全幅はライバル車とほぼ同じなので、取りまわしやすさは同じのはず」とのこと。
特別仕様車からカタログモデルに“格上げ”された「グランツ」の特徴は、なんといってもこのフロントマスク。
特別仕様車からカタログモデルに“格上げ”された「グランツ」の特徴は、なんといってもこのフロントマスク。

横に長いセンターメーターが特徴的なインパネまわり。「グランツ」の加飾パネルにはヘアライン模様が施されている。


    横に長いセンターメーターが特徴的なインパネまわり。「グランツ」の加飾パネルにはヘアライン模様が施されている。
今回の改良により、両側電動スライドドアは全車に標準装備となった。
今回の改良により、両側電動スライドドアは全車に標準装備となった。

マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る