顔立ちを一新した「日産マーチ」が登場

2013.06.24 自動車ニュース
新色の「ナデシコピンク」をまとう「日産マーチ G」
新色の「ナデシコピンク」をまとう「日産マーチ G」
    拡大

顔立ちを一新した「日産マーチ」が登場

日産自動車は2013年6月24日、コンパクトカーの「マーチ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「マーチ G」


    「マーチ G」
    拡大
「マーチ G」。ボディーカラーは新色の「オリーブゴールド」。
「マーチ G」。ボディーカラーは新色の「オリーブゴールド」。
    拡大
「マーチ G」のインパネまわり。
「マーチ G」のインパネまわり。
    拡大
「マーチ G」のシート。
「マーチ G」のシート。
    拡大

今回のマイナーチェンジは内外装の変更が中心となっており、エクステリアでは特にフロントまわりのデザインを一新。グリルには新たにVシェイプのメッキ加飾を取り入れ、ヘッドランプもブラックとクロムメッキを組み合わせた、新しいデザインに変更した。

また、リアコンビランプやリアバンパー、14インチフルホイールカバーのデザインも従来モデルから変更。メッキのアウトサイドドアハンドルを上級グレードの「G」「G FOUR」に、LED式のハイマウントストップランプを全グレードに採用した。

一方インテリアでは、センタークラスターのデザインを変更。シート地には新パターンのトリコットクロスを採用している。
グレードによる差別化も図っており、内装色には上級グレードの「G」「G FOUR」のみに新色のプラムを設定。シート生地やドアトリムをエンボスパターンのスエード調クロスとしたほか、スピードメーター周りにはクロムリングを、エアコンの中央吹き出し口ノブやインナードアハンドルにはメッキパーツを採用した。
また装備についても、「G」「G FOUR」のみにピアノ調センタークラスターフィニッシャーと、オゾンセーフフルオートエアコンをセットオプションで設定している。

ボディーカラーは新色の「ナデシコピンク」と「オリーブゴールド」を含む全9色の設定。

ラインナップと価格は以下の通り。

・S:104万2650円
・X:121万1700円
・X Vセレクション:125万3700円
・G:141万7500円
・X FOUR:138万4950円
・X FOUR Vセレクション:142万6950円
・G FOUR:159万750円

(webCG)
 

関連キーワード:
マーチ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 日産マイクラ 2016.9.29 画像・写真 日産自動車はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、5世代目となる「日産マイクラ(日本名:マーチ)」を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る