日産、「フェアレディZ NISMO」を発売

2013.06.24 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」
「日産フェアレディZ NISMO」

日産、「フェアレディZ NISMO」を発売

日産自動車は2013年6月24日、「フェアレディZ NISMO」の販売を開始した。

今回発売された「フェアレディZ NISMO」は、2013年1月に発表された「ジュークNISMO」に続く、NISMOブランド戦略に基づく高性能プレミアムスポーツバージョンの第2弾である。

NISMOがモータースポーツで培ってきたノウハウが随所に取り入れられており、エクステリアには空力性能を考慮した専用のエアロパーツを採用。エンジンの最高出力も355psまで高められているほか、コーナリング性能や走行安定性の向上のため、足まわりやボディーにも専用のチューニングが施されている。

具体的な装備や仕様は以下の通り。

<エクステリア>
・専用フロントバンパー
・専用ドアミラー
・専用サイドシルプロテクター
・専用リアバンパー&リアフォグランプ
・専用リアスポイラー
・専用フェンダーモール(フロント・リア)
・専用エンブレム

<インテリア>
・専用本革/スエード調ファブリックコンビシート(「nismo」ロゴ入り、レッドステッチ付き)
・専用本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)
・専用本革巻きシフトノブ(スムースレザー)
・専用コンソールブーツ(レッドステッチ付き)
・専用ドアトリム(レッドステッチ付き)
・専用シリアルナンバープレート
・専用コンビメーター(「nismo」ロゴ入り、レッド文字盤、280km/hスケール)
・専用インストアッパーボックス(レッドステッチ付き)
・専用運転席・助手席ニーパッド(レッドステッチ付き)

<エンジン/パワートレイン>
・専用等長フルデュアルエキゾーストシステム
・専用チューニングコンピューター(最高出力261kW[355ps])
・専用エンジンカバー
・MTシンクロレブコントロール(6MT車のみ)

<シャシー>
・専用サスペンション(スプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー)
・専用高剛性コンプレッションロッドブッシュ
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(「nismo」ロゴ入り ダークメタリック塗装)
・専用タイヤ ブリヂストンPOTENZA RE-11(前:245/40R19 後:285/35R19)
・専用高剛性ブレーキホース
・高性能ブレーキフルード
・4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
・専用車速感応式パワーステアリング

<ボディー補強>
・専用ストラットタワーバー(「nismo」ロゴ入り)
・専用フロントメンバーブレース
・専用ラゲッジアンダーブレース
・専用リアアンダーフロアVバー
・専用ヤマハ製パフォーマンスダンパー(フロント・リア)

ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「ダイヤモンドブラック」「バイブラントレッド」の4色を設定。価格は6段MT仕様が521万8500円、7段AT仕様が532万3500円。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る