ルノーが新型「ルーテシア」を7月末に発表

2013.06.25 自動車ニュース
新型「ルノー・ルーテシア」
新型「ルノー・ルーテシア」

ルノーが新型「ルーテシア」を7月末に発表

ルノー・ジャポンは2013年6月25日、4代目となる新型「ルノー・ルーテシア」を、日本において同年7月末に発表すると告知した。

新型ルーテシアは、すべてがルノーの新しいデザイン戦略にのっとってデザインされた、初めてのモデルとなる。

エンジンは新開発の1.2リッターの直列4気筒直噴ターボで、最高出力は120ps、最大トルクは19.4kgmを発生。これにデュアルクラッチ式セミATの「6速エフィシェント デュアルクラッチ トランスミッション(EDC)」を組み合わせる。

新型ルーテシアの発表に伴い、ルノー・ジャポンは2013年6月25日、公式ウェブサイト上に新型「ルーテシア」の特設サイトをオープンした。今後はデザインを中心に、随時情報を公開していくとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売 2018.2.1 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「ディナウディオエディション」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る