次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

2013.06.27 自動車ニュース
マツダ3(北米仕様車)
マツダ3(北米仕様車)

次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

マツダは2013年6月27日、新型「マツダ3」(日本名:マツダ・アクセラ)のハッチバックモデルを発表した。2013年秋から、北米市場を皮切りに順次グローバルに導入する。日本では2013年内に正式発表する予定。

 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像
 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像
 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像

■日本向けにはハイブリッド仕様も

新型「マツダ3」は、SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用された、同社の新世代商品の第3弾となる。
ドライバーの危険認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が広く搭載されるほか、走行安全性を最優先に考えたヒューマンマシンインターフェイス(HMI)を備える新しいカーコネクティビティーシステムも導入される予定。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460(±0)×1795(+40)×1455(-15)mm(カッコ内は先代型との比較)。ホイールベースは従来型より60mm長い2700mmとされる。

エンジンは新開発の「SKYACTIV-G 1.5」を含む1.5リッターから2.5リッターまでのガソリンエンジンと2.2リッターのディーゼルが用意され、トランスミッションはATとMTが設定されるなどラインナップの幅広さが自慢。これらは市場ごとに適切なラインナップで展開されるという。また日本市場向けとして、ハイブリッドシステムがセダンモデルに搭載される。

「マツダ3」は2003年の初代モデル発売以来、グローバルで350万台以上が販売され、同社の年間販売台数の3割以上を占める最量販モデルとなっている。

(webCG)

→新型「マツダ3(マツダ・アクセラ)」のさらに詳しい画像はこちら

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.4 試乗記 「マツダCX-3」が発売から1年足らずでマイナーチェンジを受けた。その見どころは、静粛性の強化と「人馬一体感」の向上。最上級グレード「XDツーリング Lパッケージ」の試乗を通じて、その進化のほどを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る