次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

2013.06.27 自動車ニュース
マツダ3(北米仕様車)
マツダ3(北米仕様車)

次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

マツダは2013年6月27日、新型「マツダ3」(日本名:マツダ・アクセラ)のハッチバックモデルを発表した。2013年秋から、北米市場を皮切りに順次グローバルに導入する。日本では2013年内に正式発表する予定。

 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像
 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像
 
次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかにの画像

■日本向けにはハイブリッド仕様も

新型「マツダ3」は、SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用された、同社の新世代商品の第3弾となる。
ドライバーの危険認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が広く搭載されるほか、走行安全性を最優先に考えたヒューマンマシンインターフェイス(HMI)を備える新しいカーコネクティビティーシステムも導入される予定。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460(±0)×1795(+40)×1455(-15)mm(カッコ内は先代型との比較)。ホイールベースは従来型より60mm長い2700mmとされる。

エンジンは新開発の「SKYACTIV-G 1.5」を含む1.5リッターから2.5リッターまでのガソリンエンジンと2.2リッターのディーゼルが用意され、トランスミッションはATとMTが設定されるなどラインナップの幅広さが自慢。これらは市場ごとに適切なラインナップで展開されるという。また日本市場向けとして、ハイブリッドシステムがセダンモデルに搭載される。

「マツダ3」は2003年の初代モデル発売以来、グローバルで350万台以上が販売され、同社の年間販売台数の3割以上を占める最量販モデルとなっている。

(webCG)

→新型「マツダ3(マツダ・アクセラ)」のさらに詳しい画像はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る