第448回:もしや、クルマ版『KARA』!? ついに再上陸、コリアンパワー「ヒュンダイi40」

2012.03.15 エッセイ

第448回:もしや、クルマ版『KARA』!?ついに再上陸、コリアンパワー「ヒュンダイi40」

国内からもいい反応

やって来た……ついにやって来ちゃったって感じですよ。ヒュンダイ再上陸!
ご存じ韓国ナンバーワン自動車ブランドも、2009年に日本市場から(乗用車部門のみ)撤退してから、早3年。その間、欧州ではヒュンダイ&キアがトヨタ&レクサスを販売台数で抜き、2011年も順位でいうならルノー・日産アライアンスに続く5位とはいいつつも、世界販売約15%増の約659万台! ハッキリ言って、日本市場が疫病神だっただけなんじゃ?……と思ってしまうほど伸びてます(笑)。

と思ったら案の定、再上陸のハナシが湧き出てるんですねぇ。目玉となるのは、話題のスタイリッシュワゴン「i40」だ。グローバルセダンの「ソナタ」と同じプラットフォームを使う欧州向けのモデルで、全長4770×全幅1815×全高1470mmの、車重は1470kg。去年ご当地で発表されたばかりだ。

今はまだ並行輸入の段階で、九州の意欲的なインポーター「CRADLE」が入れようとしている。なんでまた……?

「『今のヒュンダイを入れたら売れそうだな』というのに加えて、『今の日本人は、このすごさを知っておくべきだ』と考えたからです」とコメントするのは、同社代表の大鶴純二氏。

「CRADLE」はそもそも欧州車用の後付けバイフューエルキットの販売がメインの会社だ。それが去年の東京モーターショーに「i40」の同仕様を試験的に展示したところ、結構な反響。
「これ? いつ入れるの」「なにこれ、カッコいいね! なんていうクルマ?」ってな問い合わせが多く寄せられ、2012年4月の受注開始を決定したってわけ。

で、今回ワタクシが「仮ナンバーですけど乗ってみませんか?」とのリクエストを頂き、“渡りに船”とばかりに都内をチョイ乗りすることになったわけだけど……乗るなりビックリ!! 正直、顔が青ざめましたわ。

「ヒュンダイi40」
「ヒュンダイi40」
こちらは、テスト車「i40」のリモコンキー。
こちらは、テスト車「i40」のリモコンキー。
インテリアの様子。左ハンドル仕様だ。
インテリアの様子。左ハンドル仕様だ。

第448回:もしや、クルマ版『KARA』!? ついに再上陸、コリアンパワー「ヒュンダイi40」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』