第302回:F.ジウジアーロ×J.セルッティ 珠玉の2世コラボ
馬力数と同じ550着生産の限定ジャケット

2013.06.28 エッセイ

自動車業界人がダサく見える

フィレンツェの街は年2回、おしゃれなお兄さんやおじさんであふれる。「ピッティ・イマージネ・ウオモ」が開かれるからだ。メンズファッション誌を愛読しておられる方には釈迦(しゃか)に説法であろうがピッティ・イマージネ・ウオモは、毎年1月と6月に開かれる紳士モードの国際見本市である。

2013年6月18日から21日まで、2014年春夏コレクションが展開された。今回は1043の出展者が参加し、3万人のバイヤーが訪れた。そのバイヤー数、国別では1位がドイツ、2位が日本だったという。

会期中は連日35度近い猛暑がフィレンツェ平野を襲った。ばっちりスーツを着込んだ正統派ファッショニスタは、さぞつらかったに違いない。それでもファッション誌のフォトグラファーたちは、おしゃれな人を見つけるやいなやレンズを向ける向ける。すさまじいものである。
いっぽうボクは、そうした粋ないでたちの方々を見るたび、重厚長大を体現したような服装でモーターショーに来る自動車メーカーの人々を思い出し、妙に悲しくなってしまったのであった。

フィレンツェのバッソ城塞で開催された第84回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」会場から。今回のテーマは「モーターサイクル」で、これは建築家O.バルディーニのプロデュースによるオブジェ。
トスカーナのアパレルブランド「カンタレリ」は“スタイルをドライブする”のキャッチのもと、「アウトビアンキ・ビアンキーナ」2台をディスプレイしていた。
春夏コレクションゆえビーチウエアも。これはミラノを本拠とする「MC2 SAINT BARTH」のスタンド。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。