ホンダが中国市場向け現地開発モデルを発売

2013.06.27 自動車ニュース
「ホンダ・クライダー」

ホンダが中国市場向け現地開発モデルを発売

ホンダの中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司は2013年6月26日、中国専用モデル「CRIDER(クライダー 中国語名:凌派)」の販売を開始した。

クライダーは全長×全幅×全高=4650×1750×1505mm、ホイールベース=2650mmのミドルクラスセダンであり、ホンダの中国市場向けモデルとしては、中国人スタッフが主体となって中国現地で開発された、初の車種となる。

主なターゲットとしては1980年代生まれの世代を想定しており、エクステリアには龍(りゅう)をモチーフにしたというデザインを採用。快適で広い室内空間や、ディスプレイオーディオをはじめとした充実した装備などもセリングポイントに挙げられている。

エンジンは1.8リッターi-VTECで、燃費は中国総合燃費モードで5AT仕様が6.7リッター/100km(約14.9km/リッター)、5MT仕様が6.5リッター/100km(約15.4km/リッター)。
価格は11万4800元(約184万円、1元=16円で換算)からとなっている。

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。