シトロエンがFIA WTCCへの参戦を表明

2013.06.27 自動車ニュース
8回にわたりWRCを制覇したシトロエンは、WTCCでも王座に輝くことができるか?(上はイメージ写真)
8回にわたりWRCを制覇したシトロエンは、WTCCでも王座に輝くことができるか?(上はイメージ写真)

シトロエンがFIA WTCCへの参戦を表明

仏シトロエンのモータースポーツ事業を担うシトロエンレーシングは2013年6月25日、セバスチャン・ローブをドライバーに2014年よりFIA世界ツーリングカー選手権(World Touring Car Championship)に参戦すると発表した。

セバスチャン・ローブ選手
セバスチャン・ローブ選手

今回、シトロエンが参戦を決めたWTCCは、市販車ベースの競技車両で競われるサーキットレースである。参戦車両は「ホンダ・シビック」や「シボレー・クルーズ」「BMW 3シリーズ」「セアト・レオン」など。1レース50~60kmという短距離のスプリントレースであり、一つの大会で2レースが行われる。2013年は全12戦を予定しており、10月には鈴鹿サーキットで日本ラウンドが開催される。

世界ラリー選手権(WRC)などでは華々しい実績を積み重ねてきたシトロエンだが、サーキットで行われる世界選手権への参戦は今回が初。ドライバーにはWRCで9連覇を果たしたセバスチャン・ローブが起用される。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。