レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)/IS250“Fスポーツ”(FR/8AT)

ずいぶん“大人なクルマ”になった 2013.07.09 試乗記 “気持ちよい走り”を実現するため、生産工程にまで踏み込んでボディー剛性アップを図ったという新型「IS」。その本気度を確かめた。

ボディー剛性のアップに注力

「2倍、とまでは言いませんが、格段の差があったことは確かです」と、レクサスのトップエンジニアがおっしゃる。

――新しい「IS」の開発中に、実際に3シリーズを購入してテストしなかったのですか?

「もちろん、しました」

レクサスISと「BMW 3シリーズ」のボディー剛性について。3シリーズには、これまで蓄積されたさまざまなノウハウが凝縮され、その結果、現在のボディー剛性が出ているという。ジャーマンプレミアムをベンチマークに、レクサスが研究を重ね、猛追していることを、質問者が驚くほどストレートに話してくれた。

今年5月にフルモデルチェンジを果たしたレクサスISの開発テーマは、「真の“走る楽しさ”の体現」である。なんだか使い古された感のあるフレーズだが、真の、と付けたところに、レクサスの気合が示される。ISのDNAたる「気持ちよい走り」を実現するため、今度のISでは、クルマ全体が根本から見直された。具体的には、カタログスペックに載りにくく、新機能とも謳(うた)いづらい、ボディー剛性のアップに注力された。

そのために採用された生産技術が「レーザースクリューウェルディング」。従来のスポット溶接より、圧倒的に溶接打点のピッチを細かくできる。2枚の鉄板を縫い合わせる際の縫い目を、理論的にはどこまでも細かくすることが可能……と聞くと、それでは鋼板を線状につなげるレーザー溶接の方がいいではないかと思うが、そうでもないようだ。

――先代の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、70mにわたるレーザー溶接を自慢していましたが……。
と、ボディー担当エンジニアの方に水を向けると、「あれは“イタスキ”が難しくて」とおっしゃる。イタスキとは、溶接する2枚の鋼板の隙間のこと。レーザー溶接では、コンマ何ミリの精度で維持しておかないと、キレイに溶接されない。現実の生産現場で、恒常的にこの精度を確保するのは難しい。ゴルフの実車を調査したところ、「トヨタの品質基準では、首をひねる部分もあった」と教えてくれた。

「IS300h“バージョンL”」
「IS300h“バージョンL”」
「IS300h“バージョンL”」の室内。“バージョンL”のシート表皮にはセミアニリン本革が使用される。
「IS300h“バージョンL”」の室内。“バージョンL”のシート表皮にはセミアニリン本革が使用される。
エアコンの温度調節スイッチには静電式を採用。金属部分に指先で触れることで温度設定を変えられる。
エアコンの温度調節スイッチには静電式を採用。金属部分に指先で触れることで温度設定を変えられる。
「IS300h“バージョンL”」の荷室。ハイブリッドシステムのバッテリーは荷室下に設置され、後席は6:4の分割可倒式となる。(クリックすると荷室のアレンジが見られます)
「IS300h“バージョンL”」の荷室。ハイブリッドシステムのバッテリーは荷室下に設置され、後席は6:4の分割可倒式となる。(クリックすると荷室のアレンジが見られます)

レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)/IS250“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る