「A45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車

2013.07.01 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC エディション1」
「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC エディション1」

「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車

メルセデス・ベンツ日本は2013年7月1日、ハイパフォーマンスモデル「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」の発売を記念し、その特別仕様車「A45 AMG 4MATIC エディション1」を600台限定で発売した。

左右非対称のストライプ(デカール)が、特別な限定モデルであることを主張する。
左右非対称のストライプ(デカール)が、特別な限定モデルであることを主張する。
エンジンは、ベースモデルと同じ。「クラス最強」をうたう360psを発生する。
エンジンは、ベースモデルと同じ。「クラス最強」をうたう360psを発生する。

「A45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車の画像
マットブラックの「19インチAMGマルチスポークアルミホイール」も専用の装備。
マットブラックの「19インチAMGマルチスポークアルミホイール」も専用の装備。
エクステリア最大の特徴は、なんといってもリアの赤いスポイラー。ボディーカラーそのものは、カルサイトホワイト(白)とコスモスブラック(黒)の2色から選べる。
エクステリア最大の特徴は、なんといってもリアの赤いスポイラー。ボディーカラーそのものは、カルサイトホワイト(白)とコスモスブラック(黒)の2色から選べる。

メルセデス・ベンツの「A45 AMG 4MATIC」は、コンパクトハッチバック「Aクラス」のトップモデル。量産型4気筒ターボエンジンとしては世界最高レベルの、360ps/6000rpm、45.9kgm/2250-5000rpmを発生する2リッター直噴直4ターボエンジンを搭載し、4輪を駆動する。

今回発売された「エディション1」は、AMG車発売時に設定される“恒例の特別限定車”である。

エクステリアは、専用デザインの前後スポイラーやサイドスカート、マットブラックの19インチアルミホイールが特徴。フロントグリル、ドアミラー、リアスポイラー、ブレーキキャリパーには赤いアクセントが加えられ、ボンネットフード、ルーフ、サイド、リアの各所にエディション1専用のデカールが添えられる。

インテリアには、専用デザインの「AMGパフォーマンスシート」や、一部にアルカンターラを用いたステアリングホイールが備わる。さらに、AMGアファルターバッハエンブレムがエンボス加工されたセレクトレバー、エディション1専用エンブレムなど、オーナーを喜ばせる細かい専用アイテムが、あちらこちらに散りばめられている。

なお、エンジンなど機関部分については、ベースとなるA45 AMG 4MATICと変わらない。

ボディーカラーは、カルサイトホワイトとコスモスブラックの2色。内装色はブラックのみ。日本での販売台数は、カルサイトホワイトが400台、コスモスブラックが200台の計600台となる。Aクラスは北米には輸出されないため、この割り当て台数はドイツ本国に続く規模のはずだ。価格は、ベースモデル比70万円高の710万円。

(文=塩見 智)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る