「A45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車

2013.07.01 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC エディション1」
「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC エディション1」 拡大

「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車

メルセデス・ベンツ日本は2013年7月1日、ハイパフォーマンスモデル「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」の発売を記念し、その特別仕様車「A45 AMG 4MATIC エディション1」を600台限定で発売した。

左右非対称のストライプ(デカール)が、特別な限定モデルであることを主張する。
左右非対称のストライプ(デカール)が、特別な限定モデルであることを主張する。
    拡大
エンジンは、ベースモデルと同じ。「クラス最強」をうたう360psを発生する。
エンジンは、ベースモデルと同じ。「クラス最強」をうたう360psを発生する。
    拡大

「A45 AMG 4MATIC」に特別な内外装の限定車の画像 拡大
マットブラックの「19インチAMGマルチスポークアルミホイール」も専用の装備。
マットブラックの「19インチAMGマルチスポークアルミホイール」も専用の装備。
    拡大
エクステリア最大の特徴は、なんといってもリアの赤いスポイラー。ボディーカラーそのものは、カルサイトホワイト(白)とコスモスブラック(黒)の2色から選べる。
エクステリア最大の特徴は、なんといってもリアの赤いスポイラー。ボディーカラーそのものは、カルサイトホワイト(白)とコスモスブラック(黒)の2色から選べる。
    拡大

メルセデス・ベンツの「A45 AMG 4MATIC」は、コンパクトハッチバック「Aクラス」のトップモデル。量産型4気筒ターボエンジンとしては世界最高レベルの、360ps/6000rpm、45.9kgm/2250-5000rpmを発生する2リッター直噴直4ターボエンジンを搭載し、4輪を駆動する。

今回発売された「エディション1」は、AMG車発売時に設定される“恒例の特別限定車”である。

エクステリアは、専用デザインの前後スポイラーやサイドスカート、マットブラックの19インチアルミホイールが特徴。フロントグリル、ドアミラー、リアスポイラー、ブレーキキャリパーには赤いアクセントが加えられ、ボンネットフード、ルーフ、サイド、リアの各所にエディション1専用のデカールが添えられる。

インテリアには、専用デザインの「AMGパフォーマンスシート」や、一部にアルカンターラを用いたステアリングホイールが備わる。さらに、AMGアファルターバッハエンブレムがエンボス加工されたセレクトレバー、エディション1専用エンブレムなど、オーナーを喜ばせる細かい専用アイテムが、あちらこちらに散りばめられている。

なお、エンジンなど機関部分については、ベースとなるA45 AMG 4MATICと変わらない。

ボディーカラーは、カルサイトホワイトとコスモスブラックの2色。内装色はブラックのみ。日本での販売台数は、カルサイトホワイトが400台、コスモスブラックが200台の計600台となる。Aクラスは北米には輸出されないため、この割り当て台数はドイツ本国に続く規模のはずだ。価格は、ベースモデル比70万円高の710万円。

(文=塩見 智)

関連キーワード:
Aクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 「スバル・レヴォーグ」の安全性能が向上 2018.5.2 自動車ニュース スバルは、安全装備の一部仕様を変更したスポーツワゴン「レヴォーグ」を、同社の60周年を記念する特別仕様車「レヴォーグ1.6GT EyeSight Smart Edition」とあわせて2018年6月1日に発売する。
ホームへ戻る