スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)

クールだけれどやりくり上手 2013.07.04 試乗記 軽ハイトワゴン「スペーシア」の派生車種「スペーシア カスタム」は、クールな外観やインテリアだけでなく、走りにもこだわりがあった。

ルックス以外にも細かな違い

2013年6月12日、スズキの新型軽自動車「スペーシア カスタム」が発表された。新型車といっても、名前からわかる通り3月に登場した「スペーシア」の派生車種。「スペーシア」は、ルーフをホワイトに塗る2トーンルーフ仕様をラインナップするなど、ポップでかわいい印象を与えた。いっぽうの「スペーシア カスタム」は、CMに「オレ・タチ・カルタス。」以来の舘ひろしを起用したことからもわかるように、男っぽいモデルだ。

新型車試乗会の会場で2台を並べて見比べると、その違いがよくわかる。「スペーシア カスタム」は、LEDポジションランプを内蔵したヘッドランプによって目元が凛々(りり)しくなり、光の加減でシルバーにもスケルトンにも見えるフロントグリルによって口元も引き締まった。目つきが鋭くてあまり笑わない男性を思わせる外観から、「石原軍団」というフレーズが頭に浮かぶ。
ツヤツヤした黒と、鈍く光るシルバーを組み合わせたインテリアもクールだ。ただしティッシュを箱ごと収納できる2つの物入れなど、親切装備は「スペーシア」から受け継がれている。

ルックス以外にも細かな違いがある。「スペーシア」の場合はFF(前輪駆動)の自然吸気エンジンのフロントブレーキがディスクブレーキであるのに対して、「スペーシア カスタム」のフロントブレーキはすべての仕様が通気式ディスクブレーキになる。「スペーシア カスタム」のほうが、より“走り”を意識していることがわかる。

足まわりのセッティングは基本的には両車共通。ただし、「スペーシア カスタム」のターボモデルは、「スペーシア」には設定されていない15インチタイヤが標準装備となる。この15インチ仕様の足まわりだけは、「スペーシア」とは異なる独自のセッティングになっている。
ということで、今回は15インチタイヤを履く「スペーシア カスタムTS」のFF仕様を中心に試乗した。64psを発生するターボエンジンを搭載したこのモデル、乗ってみてかなり驚いた。

 
スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)【試乗記】の画像
ブラックにシルバーのアクセントが施された室内。ステアリングホイールは本革巻きとなる。
ブラックにシルバーのアクセントが施された室内。ステアリングホイールは本革巻きとなる。
ティッシュボックスが収納可能なインパネトレーなど、収納スペースも豊富に用意されている。
ティッシュボックスが収納可能なインパネトレーなど、収納スペースも豊富に用意されている。
 
スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スペーシア カスタムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・スペーシアに燃費自慢のターボモデル 2015.8.18 自動車ニュース 軽乗用車「スズキ・スペーシア」に、環境性能を高めたターボモデルが登場。
ホームへ戻る