「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車

2012.03.13 自動車ニュース

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年3月13日、コンパクトワゴン「V50」に特別仕様車「V50 2.0 R-DESIGN」を設定し、100台限定で発売した。

今回設定された「V50 2.0 R-DESIGN」は、2リッター直4エンジンを搭載。専用スポーツサスペンションを採用するほか、ショックアブソーバーやアンチロールバー、リアブッシュなどを強化し、ハンドリング性能を高めたスポーティーモデルだ。

内外装にも、専用アイテムを装備することで、スポーティーでデザイン性の高い特別な仕様としている。主な特別装備は以下のとおり。

【パフォーマンス/エクステリア】
・R−DESIGN専用(スポーツサスペンション、ボディーキット<フロントスポイラー、サイドスカート、リアスカート>、R−DESIGNエンブレム付き専用フロントグリル、マットクロームドアミラーカバー)
・リアルーフスポイラー
・デュアルキセノンヘッドライト(自動光軸調整機構付き)/ヘッドライトウォッシャー
・フロントフォグランプ
・スペシャルデザインアルミホイール“Cratus”(7.0J×17)/205/50R17タイヤ

【インテリア】
・R−DESIGN専用(V−Flex/スムースレザーコンビネーションシート、アルミニウムパネル、本革巻き/アルミニウムスポーツステアリングホイール<3本スポーク>、メーターパネル、フロアマット)
・本革巻き/アルミニウムシフトノブ
・スポーツペダル
・フロント8ウェイパワーシート(運転席メモリー機構付き)
・クルーズコントロール
・ハイパフォーマンスオーディオシステム
・オーディオリモートコントロール機能(ステアリングホイール内蔵)
・USBポート(外部入力端子)
・レインセンサー
・自動防眩(ぼうげん)機能付きルームミラー
・ラゲッジカバー
・エキストラ12Vパワーソケット(ラゲッジルーム)

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色を用意。シートカラーは、オフブラック/カルサイトクリームのコンビネーションとなる。

価格は339万円。100台限定で販売される。

(webCG ワタナベ)

「ボルボV50 2.0 R-DESIGN」
「ボルボV50 2.0 R-DESIGN」 拡大

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
V50ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ニューヨークショー2018(ボルボ) 2018.4.6 画像・写真 2018年のニューヨークモーターショーで、ボルボはコンパクトSUV「XC40」の新たな最上級グレード「インスクリプション」や、ミドルサイズワゴンの「V60」などを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • ジュネーブモーターショー2018(その8) 2018.3.9 画像・写真 ボルボはジュネーブモーターショー2018で、新型「V60」を一般公開した。その姿を画像で紹介する。
  • 第1回:新型「XC60」はここに注目! 2017.11.29 徹底検証! ボルボXC60 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」がフルモデルチェンジ。日本国内でも2017年10月に販売が開始された。世界的に人気を博したモデルの新型には、どんな特徴があるのか。詳しく解説する。
ホームへ戻る