スバル・ステラにターボ+安全装備の新グレード

2013.07.02 自動車ニュース

「スバル・ステラ」にターボ+安全装備の新グレード

富士重工業は2013年7月1日、軽乗用車「ステラ」に新グレード「カスタムRSスマートアシスト」を設定し、同年8月8日に発売すると発表した。

ステラは、スバルがダイハツ工業からOEM供給を受けている「ムーヴ」の姉妹モデルである。

8月に追加されるカスタムRSスマートアシストは、ラインナップ中唯一のターボ車である「カスタムRS」に、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を装備したものだ。これまでにも自然吸気エンジン搭載グレードの「L」や「カスタムR」などにはスマートアシストが用意されていたが、カスタムRSへの設定は今回が初となる。

価格はカスタムRSスマートアシストのFF車が149万500円、4WD車が161万1500円。

(webCG)
 

「スバル・ステラ カスタムRSスマートアシスト」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る