プジョーRCZ(FF/6MT)

快楽の装置 2013.07.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。

わかってる男のクルマ

これは楽器だ。

その音色は宗教音楽のように天上界に達する。タコメーターの針が4000に近づくにつれ、その調べは大きくなり、5000を超えるとバスからテノールへと転じ、6000にいたるやスピードがもう大変なんである。

しかし、われは踏む。右足に力を込める。シフトアップのたびに音色は澄み、歌声はのびやかになる。トランペットのようでもあり、高性能バイクのようでもあり、レースカーのようでさえある。あえていえば、フェラーリもかくや。ほぼ同じエンジンの、BMW MINIの高性能モデルよりも音質がエンターテイニングであることは間違いない。

右足の動きに合わせて快音を発するトランペット。アクセルを踏み込むと、エンジンの吸気系に設けられた振動盤(ダイヤフラム)がターボの過給圧に応じて共鳴し、リゾネーター(共鳴器)によって増幅されて室内に流れ込む。つまり、1.6リッター直4ターボエンジンを文字通り、楽器として使っているのだ。

コイツをかき鳴らし、忘我の境地にいたるには、広いステージが必要である。なにしろスピードが出てしまうからして、プレイヤーは人気(ひとけ)のない、どこか遠くに行かねばならない。どこかったって、どこへ? どこだっていいじゃありませんか。と小津映画の原節子なら言うかもしれない。そうやってドライバーを誘うこれは、快楽の装置なのである。天界に達する音楽を奏でながら疾走するマシン。フェラーリとも共通するろくでなし、働くことを厭(いと)うキリギリス的スポーツカーなのだ。

もちろんこれは賛辞でありまして、たいへん粋なクルマなのである。実際、絶対数は少ないものの、日本国における販売は好調で、目標以上の台数をコンスタントに中高年が購入しているのだそうだ。自動車はいまや、おじさんの愛玩物である、という本邦の事情はあるにせよ、もののわかった大人の男のクルマなのである。

運転席まわりの様子。今回のテスト車であるマイナーチェンジ後(2013年6月~)のモデルでは、新たに小径革巻きステアリングホイールや、ピアノブラックのセンターコンソールパネルが採用されている。
運転席まわりの様子。今回のテスト車であるマイナーチェンジ後(2013年6月~)のモデルでは、新たに小径革巻きステアリングホイールや、ピアノブラックのセンターコンソールパネルが採用されている。
メーターは、アナログ式の4眼+インフォメーションディスプレイ。プジョーいわく、「スポーツクーペらしいクラシカルな雰囲気」を演出する。
メーターは、アナログ式の4眼+インフォメーションディスプレイ。プジョーいわく、「スポーツクーペらしいクラシカルな雰囲気」を演出する。
「RCZ」の1.6リッター直4ターボエンジンは、200psと156psの二本立て。日本市場ではハンドル位置で割り当てが決まっており、左ハンドル車は200ps仕様となる。
「RCZ」の1.6リッター直4ターボエンジンは、200psと156psの二本立て。日本市場ではハンドル位置で割り当てが決まっており、左ハンドル車は200ps仕様となる。
200psの左ハンドル車は6段MT(写真)で、156psの右ハンドル車は6段AT。それ以外の組み合わせは選べない。
200psの左ハンドル車は6段MT(写真)で、156psの右ハンドル車は6段AT。それ以外の組み合わせは選べない。

プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RCZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る