フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)

盤石の定番 2013.07.17 試乗記 定番は、進化するからこそ定番であり続ける。燃費、安全性、装備内容、そして価格と、あらゆる点で勝負をかけてきた新型「ゴルフ」は、ハッチバックの基準をどこまで高めたのだろうか。

ハッチバックの理想形

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は初代以来、ずーーーっと最高のFFハッチだ。40年間、追い付かれかけたことはあったかもしれないが、完全に追い越されたことはない。新型に乗ってみたところ、その座はまたもや当分安泰だと感じさせた。将来、ゴルフよりも総合的に優れたFFハッチが登場するだろうか。ないと断言することはだれにもできないが、世界中のメーカーがゴルフをバラして研究しても40年間なかったということは、ゴルフも常に進化しているということであり、結構ハードルは高いと思う。

最近の自動車関連メディアを見ると、ゴルフとライバルを比較した記事ばかり。「メルセデス・ベンツA/Bクラス」「ボルボV40」「フォード・フォーカス」などと、それにFRだが「BMW 1シリーズ」もよく比較される。クルマに限らず商品というものは、Aさんにとって最高だからといってBさんにとっても最高とは限らないので、どの記事も断定はしていないが、他車への気の使い方に程度の差こそあれ、どの記事もゴルフに高評価を与えている。高評価の決定打は価格で、249万~299万円というのは出来栄えを考えれば非常に安い。よそが努力していないように見える。

僕もそう思う。新型ゴルフよりも優れたFFハッチはない。動力性能、安全性、静的/動的質感、経済性、高級感、価格のうち、どこか一部分だけゴルフを上回るクルマはあっても、たいていその代わりにどこかがへこんでいて、総合的にはゴルフは盤石だ。現時点では、ライバルには4気筒や5気筒の2リッターターボもあるのに対し、ゴルフはまだ基本となる3モデルしか出ていないので、ガチンコ比較できない面もあり、今後1~2年のうちに「GTI」やディーゼルが追加され、日本仕様が出そろうのが楽しみだ。

歴代「ゴルフ」最高の21.0/km(JC08モード)という低燃費を達成した新型。クラス最高水準の安全性、充実した標準装備、そして競争力の高い価格も自慢。

インパネには端正なデザインと緻密な作りが同居する。ナビゲーションシステムは、現状ではインパネ上部に飛び出したものが“純正”となる(ディーラーオプションで8万5050円)。
ステアリングホイールのスポーク部にはさまざまなボタンが並ぶ。写真は左スポーク。アダプティブクルーズコントロール(ACC)の操作ボタンが集約されている。
試乗車はラインナップの中間的なグレードである「コンフォートライン」(1.2リッターエンジン搭載)。205/55R16サイズのミシュラン・エナジー セイバータイヤを装着していた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る