第303回:もう成人式! 真のイタリア車ファンなら「フィアット・プント」を忘れるな!

2013.07.05 エッセイ

二十歳の「プント」

早いもので2013年も半分が終わってしまった。今年、日本のメディアでイタリア車のアニバーサリーといえば、なんといってもランボルギーニの創立50周年である。猫も杓子(しゃくし)もランボ、ランボ。
しかし、もうひとつ忘れてはいけない誕生日がある。「フィアット・プント」の20周年である。人間でいえば成人式だ。

初代プントのデザインを手掛けたのはジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインである。同社の記録によると、「フィアット・ウーノ」に続く小型車計画のコンペがフィアットから示されたのは1989年のことで、翌1990年にイタル案が採用されている。

初期のアイデアでは、側面から見てフロントフードとウインドスクリーンを可能な限り連続させ、ワンボックスと2ボックスの中間的なスタイルを目指していた。また最終的には空力による燃費改善のために断念されたが、車高はより高いものが想定されていたという。

初代プントは1993年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。ボディーは3ドアおよび5ドアで、エンジンはガソリンが1.1、1.2、1.3リッターのターボと、1.5リッター、ディーゼルは1.7リッターがあった。さらにベルトーネがボディー製造を手掛ける「カブリオ」がラインナップに加えられた。

プントは、1995年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。ボク自身が初代プントを初めて目にしたのは、当時勤務していた東京の自動車雑誌編集部の駐車場だった。当時ウーノに乗っていたボクは、ジウジアーロによるそれまでのエッジの利いたデザインからすると、ずいぶんと丸くなったものだ、と驚いたものだ。

初代「フィアット・プント」。1993-1996年。
初代「フィアット・プント」。1993-1996年。
「フィアット・プント カブリオ」。ノーマル仕様と同様、イタルデザイン-ジウジアーロのデザイン。ボディー生産はカロッツェリア・ベルトーネで行われた。
「フィアット・プント カブリオ」。ノーマル仕様と同様、イタルデザイン-ジウジアーロのデザイン。ボディー生産はカロッツェリア・ベルトーネで行われた。
「フィアット・ウーノ」
「フィアット・ウーノ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事 ホームへ戻る