日産デイズ X(FF/CVT)/日産デイズ ハイウェイスターG(FF/CVT)

クルマ好きとしての評価は…… 2013.07.08 試乗記 軽乗用車市場での飛躍を期し、日産が満を持して投入した新型車「デイズ」。軽トールワゴンのど真ん中を狙ったという、その仕上がりを確かめた。

日産と三菱の初の共同作業

「まずは直球ど真ん中を目指しました」
これは、日産が三菱との合弁会社NMKVを設立してまで挑んだ初の自社開発軽自動車「デイズ」の試乗会において、商品企画の担当者から出た言葉だ。

実はこのひと言、僕の質問に対する答えだった。その質問とは、「『キューブ』のような個性的な形は考えなかったんですか?」というもの。
試乗会場になった横浜の本社に到着する直前、ほかの方がドライブするデイズとすれ違った瞬間、サイドビューをチラ見して「ムーヴ」? と思ってしまったのだ。具体的に言えばマイナーチェンジ前のダイハツ・ムーヴに似ている。
ただ今回に関しては、仕方なかったとも言える。なにしろ日産と三菱という、今までは他人だった者同士による、初の共同作業なのだ。結婚披露宴みたいに、格式を重んじる体裁になってもやむなし。ここは日本だ。

それに実車を観察すると、デイズならではの部分もあった。立体感だ。限られた寸法内でなるべく広いキャビンを得ようと頑張る軽自動車は、どうしても外板が平板になりがち。ところがデイズはノーズが絞り込まれ、サイドには抑揚が付けられているなど、自動車っぽい。

ドアを開くと、前後ともサイドシルの前半が一段低くなっていて、足の運びがしやすい。ここまでしなくても乗り降りに不満はないけれど、ここまでするのが日本のものづくりである。さすが気配り王国ニッポン! と思いつつドアを閉めた僕は、無意識のうちにもう一度ドアを開け、再び閉めた。

「日産デイズ」は、日産と三菱の合弁会社NMKVが開発した軽乗用車の第1弾。「三菱eKワゴン」の姉妹モデルにあたる。
「日産デイズ」は、日産と三菱の合弁会社NMKVが開発した軽乗用車の第1弾。「三菱eKワゴン」の姉妹モデルにあたる。
3本バーのメッキグリルが特徴的な「ハイウェイスター」。専用のエアロパーツや厚みのあるボンネットフードなどで、標準車とは一線を画すデザインとなっている。
3本バーのメッキグリルが特徴的な「ハイウェイスター」。専用のエアロパーツや厚みのあるボンネットフードなどで、標準車とは一線を画すデザインとなっている。
車内空間は広さではなく、細やかな使いやすさで勝負。特にフロントウィンドウの上下方向の視野の広さや、乗降性のよさなどが、競合車種に対するアドバンテージとされている。
車内空間は広さではなく、細やかな使いやすさで勝負。特にフロントウィンドウの上下方向の視野の広さや、乗降性のよさなどが、競合車種に対するアドバンテージとされている。

日産デイズ X(FF/CVT)/日産デイズ ハイウェイスターG(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る