新型「シボレー・コルベット」国内受注始まる

2013.07.04 自動車ニュース

新型「シボレー・コルベット」(写真手前)と歴代のコルベット。


    新型「シボレー・コルベット」(写真手前)と歴代のコルベット。

新型「シボレー・コルベット」国内受注始まる

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、2013年1月のデトロイトショーでデビューを飾り、世界中のファンが発売を待つ第7世代の「シボレー・コルベット」について、2013年7月6日から8月25日までの間、全国のシボレー正規ディーラーで、好みに応じた特別な仕様をいち早く手に入れられる「カスタムプレオーダーキャンペーン」を実施すると発表した。


新型「シボレー・コルベット」国内受注始まるの画像

新型「シボレー・コルベット」国内受注始まるの画像
GTバケットシート
GTバケットシート

コンペティション スポーツバケットシート


    コンペティション スポーツバケットシート

新型「シボレー・コルベット」国内受注始まるの画像

コルベットは今年で生誕60周年。新型は、アルミフレームにカーボンファイバーのパネルで覆ったボディーに、ヘッド、ブロックともにアルミの6.2リッターV8直噴OHVエンジンを搭載する。気筒休止システムや連続可変バルブタイミング機構が盛り込まれる。車両重量は未発表ながら前後重量配分は50:50であることが明らかになっていて、高い運動性能が期待される。0-60mph(約96km/h)加速タイムは3.8秒。

新型発表以降、GMジャパンに対し、日本のファンから発売時期などに関する問い合わせが多数寄せられているという。そうした声を受けて実施される今回のキャンペーンは、「シボレー・コルベット」と、その高性能版である「シボレー・コルベットZ51」について、本国に設定される仕様であれば、好きなようにカスタムして購入できるというもの。

希望者は、まず最高出力460ps、最大トルク63.6kgmのベーシックモデルか、同466ps、同64.2kgmのZ51のどちらかを選んだうえで、下記のアイテムを好みの組み合わせで選ぶことができる。

・トランスミッション
ギアダウン時に回転を合わせてくれるアクティブレブマッチング機能付きの7段MT/パドルシフト付き6段AT

・ボディーカラー10色
ラグナブルー/ライムロックグリーン/ベロシティーイエロー/アークティックホワイト/ブレイドシルバー/ブラック/クリスタルレッド/サイバーグレー/トーチレッド/ナイトレースブルー

・ルーフタイプ3種類(いずれも脱着可能)
ボディーカラー同色/カーボンファイバー仕様/半透明仕様

さらに、ホイールは3種類、ブレーキキャリパーカラーは4色、インテリアカラーは5色、インテリアトリムパネルは2種類、アッパーインテリアトリムは2種類(Z51のみ)から選ぶことができる。組み合わせはざっと6万種類に上る。デリバリーは2014年の上半期の予定。

なんとオーダー期間であっても価格は発表されない。初期生産分を好みの仕様で買えるなら価格は問わないという熱狂的ファンのためのキャンペーンだ。GMジャパンは「価格は本国と調整中で年末まで発表できないが、“パフォーマンスのわりに安価”というコルベットの伝統は守られる」としている。

(文=塩見 智)

新型「シボレー・コルベット」の写真はこちらから

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る