第23回:クルマを使って殺人!……なのにデートにも使える映画
『青い塩』

2012.03.12 エッセイ

第23回:クルマを使って殺人!……なのにデートにも使える映画『青い塩』

なぜか登場しないあの国のクルマ

この連載で取り扱ってきたクルマを見返してみると、圧倒的に多いのがアメリカ車である。「T型フォード」から「リンカーン・タウンカー」に至るまで、のべ17台が登場している。続いてドイツ車と日本車が13台、イタリア車とフランス車が5台、イギリス車とスウェーデン車が2台だった。

これは、各国の自動車産業のレベルを反映したものではもちろんない。アメリカ車が多いのは、取り上げる映画がどうしてもアメリカ映画に偏ってしまうためである。それはいいとして、奇妙なことがある。今や世界中で売れまくっているあの国のクルマがない。そう、韓国車だ。日本車が重要な役割を持つアメリカ映画はいくつもあるのに、韓国車が前面に出た作品はひとつもなかった。販売面では日本車の脅威となっている韓国車だが、映画の世界に浸透してくるのはこれからのようだ。

というわけで、今回は初めて韓国車が登場する映画である。紹介するのが韓国映画なのだから、当然なのだが。クルマと同様、映画でも韓国の勢いはめざましい。才能のある若い監督がどんどん出てきていて、ポン・ジュノ、キム・ジウン、ナ・ホンジンらはすでに安定感がある。一昨年、『息もできない』で彗星(すいせい)のように現れたヤン・イクチュンのように、まだまだすごい才能が隠れていそうだ。

©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
第23回:クルマを使って殺人!……なのにデートにも使える映画 − 『青い塩』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。