第9戦ドイツGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.07.07 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第9戦ドイツGP、ベッテルが接戦を制し母国初優勝

F1世界選手権第9戦ドイツGP決勝が、2013年7月7日、ドイツのニュルブルクリンク(5.148km)を60周して行われた。

 

例年になく暑い天候となったニュルブルクリンクでは、“タイヤ作戦”を異にするドライバー同士の、最後まで気の抜けない接戦が繰り広げられた。優勝したのは、レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。今シーズン4勝目は、自身通算30勝目。そして母国での初勝利をようやくつかむことができた。

王者レッドブルを最後まで追いつめたのがタイヤに優しいマシンのロータス・ルノー勢。2位に終わったキミ・ライコネンは残り11周でペースの速いソフトタイヤに交換、ミディアムを履くベッテルにジワジワと迫ったが1秒差でタイムオーバーとなった。

3位ロメ・グロジャンは終盤2位を走っていたが、タイヤを変えたばかりでスピードに勝るチームメイトにそのポジションを譲ったかたちとなった。しかしライコネンと同じタイミングでソフトタイヤに変えたフェラーリのフェルナンド・アロンソは抑え切った。

予選のポジションを捨てレースに照準を合わせていたアロンソは、表彰台にあと一歩及ばず4位、2戦連続ポールシッターをつとめたメルセデスのルイス・ハミルトンは、レースでタイヤに足を引っ張られるといういつもの悪癖がたたり5位でレースを終えた。

3ストッパーが多かったなかで2ストップで走り切ったマクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンが6位、レース序盤ピットトラブルで最後尾まで後退したレッドブルのマーク・ウェバーは7位まで挽回することができた。
マクラーレンのセルジオ・ペレスは2ストップで8位、予選での作戦ミスで11番グリッドからスタートした前戦のウィナー、メルセデスのニコ・ロズベルグはグリッド位置からほんの少し順位を上げて9位でフィニッシュ。そしてトップ10最後のポジションには、ザウバー・フェラーリのニコ・ヒュルケンベルグが入った。

以下、11位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)、12位ダニエル・リチャルド(トロロッソ・フェラーリ)、13位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、14位エステバン・グティエレス(ザウバー)、15位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・ルノー)、16位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、17位シャルル・ピック(ケイターハム・ルノー)、18位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム)、19位マックス・チルトン(マルシャ・コスワース)が完走した。

9戦して4勝、157点でポイントリーダーの座を守るベッテルが、チャンピオンシップでのアドバンテージを21点から34点に伸ばした。ランキング2位のアロンソは123点、その7点後方に3位ライコネンが迫る。4位ハミルトンは99点、5位ウェバーは93点を手にしている。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、1位レッドブル250点、2位メルセデス183点、3位フェラーリ180点、4位ロータス157点、5位フォースインディア59点と、トップ以下の3チームが僅差でしのぎを削っている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。