【スペック】全長×全幅×全高=4907×1953×1379mm/ホイールベース=2990mm/車重=1880kg/駆動方式=4WD/ 6.3リッターV12DOHC48バルブ(660ps/8000rpm、69.6kgm/6000rpm)/価格=3200万円(テスト車=3802万円)

フェラーリ・フォー(4WD/7AT)【試乗記】

こんなエンジンほかにない 2012.03.12 試乗記 フェラーリ・フォー(4WD/7AT)
……3802万円


6.3リッターV12を搭載する4人乗り・4WDの跳ね馬「FF(フェラーリ・フォー)」に試乗。“世界最速の4シーター”をうたう同モデルは、街乗りではどうなのか。

いまの時代のフェラーリ

スタートボタンを押すと、六本木ヒルズの地下駐車場に“ズバンッ”と大音声が響き渡った。触媒を一気に暖めるファストアイドル中も、フェラーリ史上最大の6.3リッター直噴V12は並はずれた存在感を響かせる。

「日本仕様にはヘレシステムが標準装備になります」。広報Kさんのレクチャーを受けてから重いドアを閉める。右パドルを引いて1速を出し、おそるおそる動き出す。高級車がきら星のごとく居並ぶ駐車場も、ランプウェイはそんなに広くない。というか、「第一印象、デッカイ」。ボディーのタテヨコは「パナメーラ」とほぼ同じだが、あちらよりさらにひとまわり大きく感じるクルマである。

表に出てほどなく、信号に止められると、突然、死んだかと思った。寒い日だったのに、早くも暖機が終わって“HELE”が作動したのだ。“ハイ・エモーション/ロー・エミッション”の略だというアイドリングストップ機構である。こういうクルマのオーナーは、油田のオーナーだったりもするわけだから、そんなチマチマしたことを、とも思うが、これも“時代”だ。ビッグV12の再始動は、「デミオ」のi-stopほど速くないが、十分である。パナメーラのように、歯がゆくてついキャンセルボタンに手を延ばしたくなるようなことはない。

革の芳香漂うコクピットで、次第に冷静さを取り戻すと、エポックメイキングな新型フェラーリに乗って出た感慨がこみあげてきた。「4座」と、そしてフェラーリ初の「4WD」を車名に込めた“FF”である。


フェラーリ・フォー(4WD/7AT)【試乗記】の画像
「スポーツGTツアラー」をうたう、「FF」のコクピット。
「スポーツGTツアラー」をうたう、「FF」のコクピット。

フェラーリ・フォー(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る