ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ(4WD/7AT)

間口は広く、敷居は高く 2013.07.25 試乗記 強力な3.8リッターのフラットシックスに4WDドライブトレインを組み合わせた「ポルシェ911カレラ4S」。さらにはカブリオレという“装備の全部載せ”で、その魅力はどう高まったか。

あまりにも豪勢なメニュー

星付きレストランの申し分のない高級料理をご馳走(ちそう)になりながら、どこか何か満たされないというか、居心地がしっくりこない感じ。スポーツカーの宇宙に輝く北極星とも言うべき「ポルシェ911」の最新型に対してこんな譬(たと)えを持ち出すと、無礼千万、いやむしろ不敬であると詰(なじ)られそうだが、正直な第一印象はそんなものだった。自分自身でも驚いたことに、高性能版「カレラS」の4WD、しかもカブリオレという“全部載せ”最上級モデルに乗っているというのに、想像していたほど感動していない自分を発見したのである。といってもそれは肥大化してラグジュアリーになって、かつてのピュアさやスパルタンな性格を失ったというような話では決してありません。その種の論調はよく耳にするのだが、そのような意見の前提にはちょっとした誤解が混入していると思う。

ポルシェ911がスポーツカー界の主役を張ってはや半世紀。今もライバルが目標とし、できることなら一泡吹かせてやろうと狙うお手本であり、コンパクトクラスにおける「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のような“水準器”である。ただしその理由は、世界で何台だけといった希少性やびっくり仰天するようなパフォーマンスにあるわけではない。ああ、もちろん素晴らしく高性能だが、加速や最高速の数字、ニュルブルクリンク旧コースのラップタイムで911を凌(しの)ぐものは今ではいくつも例がある。いまさらながらではあるが、911の真価は日常的に問題なく使える実用性と、スポーツカーとしての、高性能との優れたバランス感覚にある。そのバランスを守りながら、時代とともにより性能が向上し、より洗練された……といっても誰も驚かず、ポルシェなら当然と見なされている。王者としての義務と言えばそうかもしれないが、それほど期待され続け、その期待に応え続けての半世紀である。実にとんでもない偉業と言って間違いない。

「911カレラ」の4WDモデルには、3.4リッターの「カレラ4」と3.8リッターの「カレラ4S」があり、それぞれにクーペとカブリオレが設定される。試乗車はシリーズの最上級モデル。
「カレラ4」「カレラ4S」とも、クーペモデルには7段MT仕様が用意されるが、カブリオレは7段AT(PDK)のみとなる。
中央にレブカウンターを配した伝統の丸型5連メーター。メータパネルには4.6インチVGAディスプレイが組み込まれている。
「911」のRRモデルと比べて、ホイールハウスが左右それぞれ22mm拡大されているほか、リアタイヤのサイズも10mmずつワイドになっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る