ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)

“ほぼ”電気自動車 2013.07.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。

運転感覚はEVそのもの

車速が70km/hに達しない範囲で走らせるかぎり、「アコード ハイブリッド」はほぼ電気自動車(EV)であり、少なくとも、エンジンが直接、駆動の仕事をおこなうことはない。クルマを前進または後退させるにあたっては、もっぱら電気モーターの動力が使われる。「ほぼ」なのは、バッテリーに蓄えられた電気だけで走るわけではない状況、つまりエンジンで発電機を回し、発電機が発電した電気で駆動用モーターを回して走る状況もフツーにあるから。その際のアコード ハイブリッドはシリーズハイブリッドということになる。

ダッシュボード中央パネルのカドにある「POWER」のボタンを押してオンの状態にしても、フツーの状況ではエンジンは始動しない。ブレーキペダルを踏んだまま、セレクターレバーを「D」へ。でブレーキペダルから足を離すと、アコード ハイブリッドは発進する。アクセルペダルを踏み込むと、さらに速度が上がる。この状況では“EVドライブモード”。つまり、バッテリーに蓄えられた電気のみで駆動用モーターを回している。運転した感じは、アタリマエだがまんまEV。

“EVドライブモード”で走れる距離というか時間というかは、あまり長くない。駆動のために使える電気がバッテリー内にあるかぎりは極力“EVドライブモード”で、というふうにはアコード ハイブリッド、なっていない。速度や負荷(要求される駆動力)にも応じて、わりとあっさりエンジンが始動する。
回り始めたエンジンは、発電機を回す仕事をする。エンジンによって回された発電機が発電した電気で駆動用モーターを回して走る、“ハイブリッドドライブモード”。このモードでは、アクセルペダルの踏み込みに応じてエンジンの回転数が変わる。タコメーターはついていなかったけれど、少なくともエンジンの音の調子は。その音と速度や加速の関係ができるだけ「リニア」になるようにした、とは技術者の弁。なるほど。

全長4.9m、全幅1.8mを超える、堂々としたボディーサイズとなった新型「アコード」。海外ではガソリン仕様もあるが、日本での販売はこのハイブリッドと、法人向けリース販売のプラグインハイブリッドのみとなる。
全長4.9m、全幅1.8mを超える、堂々としたボディーサイズとなった新型「アコード」。海外ではガソリン仕様もあるが、日本での販売はこのハイブリッドと、法人向けリース販売のプラグインハイブリッドのみとなる。
衝突軽減ブレーキの「CMBS」やアクティブクルーズコントロールなどを備えた「EX」は、センサーを内蔵した偏平な形状のエンブレムを採用している。
衝突軽減ブレーキの「CMBS」やアクティブクルーズコントロールなどを備えた「EX」は、センサーを内蔵した偏平な形状のエンブレムを採用している。
インテリアはブラックの内装色に木目調パネルの組み合わせのみ。「アコードPHEV」では、内装色はベージュとなる。
インテリアはブラックの内装色に木目調パネルの組み合わせのみ。「アコードPHEV」では、内装色はベージュとなる。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】の画像
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る