VW初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

2013.07.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンe-up!」

フォルクスワーゲン初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

独フォルクスワーゲンは2013年7月5日、電気自動車「e-up!」のエントリーグレードの価格を発表した。

 

e-up!の価格は、欧州で開催される次世代エコカーのラリーイベント「Silvretta E-Car Rally」への参加発表のリリースの中で明らかにされた。それによると、ドイツ本国での価格は、エントリーグレードで2万6900ユーロ(約349万7000円、1ユーロ=130円で換算)となっている。

e-up!はフォルクスワーゲンが今秋のフランクフルトショーで正式発表を予定する、同社初の量産型電気自動車である。モーターの最高出力は60kW(82ps)、最大トルクは210Nm(21.4kgm)となっており、0-100km/h加速12.4秒、最高速度130km/hの動力性能を実現。バッテリーは蓄電量18.7kWhのリチウムイオン式で、1回の充電で160kmの走行を可能としている(欧州複合モード)。

また充電は、ドイツで一般的な2.3kW、230Vの家庭用電源などに加え、40kWの急速充電にも対応。30分でバッテリーを80%まで充電することができる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

e-up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
ホームへ戻る