VW初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

2013.07.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンe-up!」
「フォルクスワーゲンe-up!」 拡大

フォルクスワーゲン初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

独フォルクスワーゲンは2013年7月5日、電気自動車「e-up!」のエントリーグレードの価格を発表した。

 

e-up!の価格は、欧州で開催される次世代エコカーのラリーイベント「Silvretta E-Car Rally」への参加発表のリリースの中で明らかにされた。それによると、ドイツ本国での価格は、エントリーグレードで2万6900ユーロ(約349万7000円、1ユーロ=130円で換算)となっている。

e-up!はフォルクスワーゲンが今秋のフランクフルトショーで正式発表を予定する、同社初の量産型電気自動車である。モーターの最高出力は60kW(82ps)、最大トルクは210Nm(21.4kgm)となっており、0-100km/h加速12.4秒、最高速度130km/hの動力性能を実現。バッテリーは蓄電量18.7kWhのリチウムイオン式で、1回の充電で160kmの走行を可能としている(欧州複合モード)。

また充電は、ドイツで一般的な2.3kW、230Vの家庭用電源などに加え、40kWの急速充電にも対応。30分でバッテリーを80%まで充電することができる。

(webCG)
 

関連キーワード:
e-up!フォルクスワーゲンフランクフルトモーターショー2013自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • 第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!
    輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~
    2018.2.16 JAIA輸入車試乗会2018 JAIA合同試乗会の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! まずは圧巻の人気を誇るドイツ勢より、フォルクスワーゲンの「e-ゴルフ」と「アルテオン」、「アウディTT RS」「メルセデス・ベンツSクラス」「ポルシェ911タルガ4 GTS」の走りをリポート。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
ホームへ戻る