クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

プジョー208GTi(FF/6MT)/208XY(FF/6MT)

骨太なホットハッチ 2013.07.12 試乗記 「205GTi」のデビューから30年、「208」にもスポーツモデルの「GTi」が追加された。同時に発売された「208XY」とともに、箱根で試乗した。

落ち着いた“おてんば娘”

「プジョー208GTi」をして、軽やかに駆け抜け、足先の力加減ひとつで瞬時に向きを変える“おてんば娘”(死語)を期待すると、少々裏切られる。姿カタチをガラリと変え、100kgほども軽量化されたとはいえ、基本となるシャシーは先代「207」のそれを活用したもの。頼りがいのある乗り心地、安定したハンドリング、落ち着きある振る舞い。そうした特徴を、208も引き継いでいる。

2012年の末から、わが国でも販売が開始されたプジョー最新のコンパクトモデル、208。1.6リッター直4(120ps、16.3kgm)と4段ATを組み合わせた5ドアモデル。同ターボ(156ps、24.5kgm)搭載の3ドア(6MT)。そして新開発の1.2リッター直列3気筒(82ps、12.0kgm)を採用した3ドア(5MT)が、追ってラインナップに加わった。今回の、ハイチューンド版1.6リッターターボ(200ps、28.1kgm)を積んだGTi(6MT)の導入で、208のモデル構成はひとまず完成ということになる。

208の輸入開始時に、日本市場において必須のオートマ車が、4段ATの5ドアだけということで苦戦を予想する向きもあったが、プジョー・ジャポンのマーケティング担当者によると、「予定通りの出足」とのこと。「207がちょっと大きくなったため、買い換えを控えていた『206』ユーザーが、208に興味を示している」という。なるほど。地方の客を中心に、3ペダルのマニュアル車も根強い需要があり、プジョー車全体で5~8%を占める。MT車を用意しない上級モデルを含んでのパーセンテージだから、無視できないボリュームだ。

さて、「レジェンド・イズ・バック」といささか大仰なキャッチフレーズを掲げてリリースされた208GTi。落ち着き気味だったプジョーのイメージを、「よりスポーティーに振っていきたい」との意図が込められる。プレス試乗会場では早速、米コロラド州で行われたパイクスピーク・ヒルクライムで、「プジョー208T16PP」が、見事! 優勝したことが伝えられた。ドライバーは、セバスチャン・ローブ。クラスは、「アンリミテッド」である。

試乗会場に展示されていた「205GTi」
試乗会場に展示されていた「205GTi」 拡大
「GTi/XY」は、LEDのウインカーとポジションランプが一体となった専用のヘッドライトを装備する。写真は「208GTi」。
「GTi/XY」は、LEDのウインカーとポジションランプが一体となった専用のヘッドライトを装備する。写真は「208GTi」。 拡大
「208GTi」の室内。「GTi」のテーマカラーである赤がアクセントとして随所に用いられる。
「208GTi」の室内。「GTi」のテーマカラーである赤がアクセントとして随所に用いられる。 拡大

プジョー208GTi(FF/6MT)/208XY(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

「205」へのオマージュも

試乗車の208GTiは、「カラド・ブルー」という、紫がかったメタリックの色。そのほか「ビアンカ・ホワイト」「ペルラ・ネラ・ブラック」「シャーク・グレー」「リオハ・レッド」と凝った名前のやや複雑なボディーカラーが用意される。会場に展示された1980年代の名車「205GTi」を懐かしく眺めながら、ソリッドの赤や黄色、「106」シリーズにあったブルーといった、「もっとシンプルな色があってもいいのに」と思う。

ホッテスト208の差し色は「赤」。フロントグリル下部に赤いアクセントラインが入り、PEUGEOTの文字も赤く塗られる。17インチホイールの陰からは、赤いキャリパーがのぞく。Cピラーには205へのオマージュたる「GTi」エンブレムが付き、リアのエキゾーストパイプは、ダブルの台形デザインで決める。

ハイスペックを予感させるのが、控えめながら前後に与えられたオーバーフェンダー。GTiは、前後のトレッドが、それぞれ10mm、20mm広げられた。ルーフエンドのストップライト内蔵型のスポイラーも見逃せない。

ドアを開ければ、そこかしこに「赤」がちりばめられる。ファブリックシートのサイドサポート内側、革巻きステアリングホイールの頂部、シフトノブのサイド、パーキングブレーキのステッチ、メーターナセルの縁取り、アームレスト前部にセンターコンソールのエアコン吹きだし口……。「ちょっとやり過ぎじゃあ、ありませんかい?」と苦笑しながら、エンジンのキーをひねる。

208GTiの1.6リッターターボは、最高出力200ps/6000rpm、最大トルク28.1kgm/1700rpmという大きなアウトプットを発生する。基本的に同じエンジンを使うMINIのクーパーSが184psと24.5kgm。ジョンクーパーワークスが211psと26.6kgmだから、そのハイチューンぶりがわかろうというもの。

クラッチをつないで、走り始める。

チェッカードフラッグをモチーフにした「208GTi」のフロントグリル。
チェッカードフラッグをモチーフにした「208GTi」のフロントグリル。 拡大
リアクォーターピラーの「GTi」エンブレムは、「205GTi」からのオマージュという。
リアクォーターピラーの「GTi」エンブレムは、「205GTi」からのオマージュという。 拡大
「208GTi」の室内。シート生地にはナッパレザーとファブリックが用いられる。
「208GTi」の室内。シート生地にはナッパレザーとファブリックが用いられる。 拡大
「208GTi」にはシートベルトにも赤のラインが入る。
「208GTi」にはシートベルトにも赤のラインが入る。 拡大

「ESC」のセッティングに感心

ニヒャクバリキのGTiには、もちろん専用スポーツサスペンションが奢(おご)られる。硬めだが、路面が悪い場所でも、ガツンガツンと突き上げられるようなことはない。助手席から不満が出ることもないだろう。いい案配だ。「205/45R17」という、スポーティーなサイズのタイヤを無理なく履きこなす。

208GTiのドライブフィールを性格付けるのが、低回転域から湧き上がる太いトルクである。アクセルペダルに載せた足に少し重みを加えるだけで、1.6リッターターボは1200kgのボディーをグイグイと進ませる。エンジンをフルスケール回してレーシーにシフトアップすると、なんと! ホイールスピンしながら加速した。

プジョー208GTiの6段MTは、通常の6MTモデルとファイナルは同じながら、2速から上をローギアード化するという、ずいぶん凝った仕様を採る。「せっかくのハイパワーを存分に堪能してもらいましょう!」というエンジニアの心意気、だろうか。

峠道で、右へ、左へ。ボディーはもとより、ステアリングの剛性感も高く、手応えがしっかりしている。コーナリング中にスロットルを抜いてもタックインは極少で、かつてのオシリが軽い、トリッキーな(だけど楽しい)コンパクトプジョーの特性は、影を潜めた。トコロテンのようなトルクの出方と相まって、208GTi、愛嬌(あいきょう)のある外観とは裏腹に、なかなか骨太な走りを見せる。細マッチョというか、可愛マッチョな感じ!?

感心したのが、乱れた挙動を正す「ESC」のセッティング。高めの速度で強引にカーブに入ってプッシングアンダーを出しても(恥ずかしいことです)、ESCが穏やかに運転者をいさめて、自然に次の加速に備えてくれる。タイトなカーブでは、ときどきESCの作動を示す赤い警告灯がつくが、運転の楽しさがスポイルされることが一切ない。「開発者も運転好きなんだろうなぁ」と思わせるスタビリティーコントロールだ。

GTiを返却して、同時に発売された208のオシャレバージョン「XY」に乗り換える。通常版の1.6リッターターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)に6段MTのトランスミッション。GTiと同じコースをたどると、アレッ!? コッチの方が、試乗前に想像していたGTiのイメージに近い?

大きなグラフルーフを付けたボディーを、穏やかにロールさせながら、山道を登っていく。エンジンのチューンも(相対的に)抑えられるので、むしろ「回す楽しみ」があって、6MTの生かしがいがある。惜しむらくは、タイヤサイズがGTiと同じことで、もうひとまわり小さく、細くした方が「ドライブフィールがスッキリする」と感じた。その方が、本格派のGTi、軽やかさのXYとすみ分けが明確化して、いいんじゃないでしょうか。

プジョー208GTiの価格は、まあ、あまり迷う人はいないだろうが、くしくもデビューしたばかりの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の「ハイライン」と同じ299万円。XYは269万円である。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎)

「208GTi」に搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。200psと28.1kgmを発生する。
「208GTi」に搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。200psと28.1kgmを発生する。 拡大
「GTi/XY」のタイヤサイズは205/45R17。トレッドの拡大に伴い、専用のフェンダーが装着される。
「GTi/XY」のタイヤサイズは205/45R17。トレッドの拡大に伴い、専用のフェンダーが装着される。 拡大
「208GTi」の荷室。後席は6:4の分割可倒式となる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
「208GTi」の荷室。後席は6:4の分割可倒式となる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大
「208XY」。テスト車のボディーカラーは「パープル・ナイト」。
「208XY」。テスト車のボディーカラーは「パープル・ナイト」。 拡大
「208XY」には「パノラミックガラスルーフ」が標準で装備される。
「208XY」には「パノラミックガラスルーフ」が標準で装備される。 拡大
「208XY」のリアバンパーはエキゾーストエンドが見えないデザインとなっている。
「208XY」のリアバンパーはエキゾーストエンドが見えないデザインとなっている。 拡大
プジョー208GTi
プジョー208GTi 拡大

テスト車のデータ

プジョー208GTi

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm
ホイールベース:2540mm
車重:1200kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:200ps(147kW)/6000rpm
最大トルク:28.0kgm(275Nm)/1700rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ミシュラン・パイロット エグザルトPE2)
燃費:13.8km/リッター(JC08モード)
価格:299万円/テスト車=299万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2040km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

プジョー208XY
プジョー208XY拡大

プジョー208XY

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm
ホイールベース:2540mm
車重:1200kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:156ps(115kW)/6000rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1400-3500rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:15.2km/リッター(JC08モード)
価格:269万円/テスト車=269万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1353km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
208プジョー試乗記

あなたにおすすめの記事