プジョー208GTi(FF/6MT)/208XY(FF/6MT)

骨太なホットハッチ 2013.07.12 試乗記 「205GTi」のデビューから30年、「208」にもスポーツモデルの「GTi」が追加された。同時に発売された「208XY」とともに、箱根で試乗した。

落ち着いた“おてんば娘”

「プジョー208GTi」をして、軽やかに駆け抜け、足先の力加減ひとつで瞬時に向きを変える“おてんば娘”(死語)を期待すると、少々裏切られる。姿カタチをガラリと変え、100kgほども軽量化されたとはいえ、基本となるシャシーは先代「207」のそれを活用したもの。頼りがいのある乗り心地、安定したハンドリング、落ち着きある振る舞い。そうした特徴を、208も引き継いでいる。

2012年の末から、わが国でも販売が開始されたプジョー最新のコンパクトモデル、208。1.6リッター直4(120ps、16.3kgm)と4段ATを組み合わせた5ドアモデル。同ターボ(156ps、24.5kgm)搭載の3ドア(6MT)。そして新開発の1.2リッター直列3気筒(82ps、12.0kgm)を採用した3ドア(5MT)が、追ってラインナップに加わった。今回の、ハイチューンド版1.6リッターターボ(200ps、28.1kgm)を積んだGTi(6MT)の導入で、208のモデル構成はひとまず完成ということになる。

208の輸入開始時に、日本市場において必須のオートマ車が、4段ATの5ドアだけということで苦戦を予想する向きもあったが、プジョー・ジャポンのマーケティング担当者によると、「予定通りの出足」とのこと。「207がちょっと大きくなったため、買い換えを控えていた『206』ユーザーが、208に興味を示している」という。なるほど。地方の客を中心に、3ペダルのマニュアル車も根強い需要があり、プジョー車全体で5~8%を占める。MT車を用意しない上級モデルを含んでのパーセンテージだから、無視できないボリュームだ。

さて、「レジェンド・イズ・バック」といささか大仰なキャッチフレーズを掲げてリリースされた208GTi。落ち着き気味だったプジョーのイメージを、「よりスポーティーに振っていきたい」との意図が込められる。プレス試乗会場では早速、米コロラド州で行われたパイクスピーク・ヒルクライムで、「プジョー208T16PP」が、見事! 優勝したことが伝えられた。ドライバーは、セバスチャン・ローブ。クラスは、「アンリミテッド」である。

試乗会場に展示されていた「205GTi」
試乗会場に展示されていた「205GTi」
「GTi/XY」は、LEDのウインカーとポジションランプが一体となった専用のヘッドライトを装備する。写真は「208GTi」。
「GTi/XY」は、LEDのウインカーとポジションランプが一体となった専用のヘッドライトを装備する。写真は「208GTi」。
「208GTi」の室内。「GTi」のテーマカラーである赤がアクセントとして随所に用いられる。
「208GTi」の室内。「GTi」のテーマカラーである赤がアクセントとして随所に用いられる。

プジョー208GTi(FF/6MT)/208XY(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る