BMWが「M3クーペ」の生産を終了

2013.07.09 自動車ニュース
生産ラインを流れる最後の現行「BMW M3クーペ」。
生産ラインを流れる最後の現行「BMW M3クーペ」。

BMWが「M3クーペ」の生産を終了

独BMWは2013年7月5日、「BMW M3クーペ」の生産を終了したと発表した。

 
BMWが「M3クーペ」の生産を終了の画像
 
BMWが「M3クーペ」の生産を終了の画像

通算で4代目となる現行「BMW M3クーペ」(E92型)のデビューは2007年。総生産台数は4万台あまりに上った。
このほか現行M3シリーズには、セダンと日本未導入のコンバーチブルがあり、生産台数は「M3セダン」が約1万台、「M3コンバーチブル」が約1万6000台に上る。コンバーチブル仕様の生産は、2013年9月まで継続される予定。

現行M3は、歴代で最も大きな4リッターV8エンジンを搭載する。2012年からドイツツーリングカー選手権(DTM)で活躍しており、同年にドライバー、チーム、およびマニュファクチャラーの「三冠タイトル」を獲得する活躍ぶりを見せた。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る