第55 回:愛車はリンカーン、仕事ではキャデラックに乗る男 『バーニー/みんなが愛した殺人者』

2013.07.11 エッセイ

ジャック・ブラック映画にハズレなし!

この人が出ていれば映画の出来は間違いない、という俳優がいる。ジャック・ブラックはそのひとりだ。『僕らのミライに逆回転』は映画愛を描いた感動作だったし、『愛しのローズマリー』はロマンチックコメディーのお手本だ。『ナチョ・リブレ』や『テネイシャスD』といったおバカ映画では、期待に違わず爆笑させてくれる。傑作名作が並ぶ中でも、『スクール・オブ・ロック』は特に彼のキャラクターがハマっていた。ダメなロックンローラーが学校で音楽を教えることになり、無気力な子供たちを再生させていく物語だった。あの作品の監督リチャード・リンクレイターと再びタッグを組んだのが『バーニー/みんなが愛した殺人者』である。楽しみにせずにはいられない。

最初のシーンで、ジャック・ブラックが演じる主人公のバーニーは、大学に招かれて講義をしている。彼は遺体処理のエキスパートで、防腐処理や死に化粧を実演していたわけだ。アメリカ版の『おくりびと』なのだが、物語はいささか趣を異にする。ジャンルとしては、クライムサスペンスと言っていい。

バーニーは、テキサス州の田舎町カーセージ(carthage=carが入っているがクルマとは関係なく、カルタゴの英語表記)で葬儀社の助手として働いている。人懐っこさと献身的な働きぶりで、町の人々からとても評判がいい。挿入されるインタビューカットでは、みんな口々に彼の人柄をほめる。これは実際にカーセージの住人を撮影したもので、バーニーは実在の人物なのだ。1996年に起きた事件を映画化したのが本作なのである。

(c) 2011 Bernie Film, LLC and Wind Dancer Bernie, LLC. All Rights Reserved.


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。