これがオペルの将来のカタチ【フランクフルトショー2013】

2013.07.10 自動車ニュース
「オペル・モンツァ コンセプト」と、オペルのカール・トーマス・ノイマン社長。
「オペル・モンツァ コンセプト」と、オペルのカール・トーマス・ノイマン社長。

【フランクフルトショー2013】これがオペルの将来のカタチ

独オペルは2013年7月8日、フランクフルトモーターショー(会期:2013年9月10日~22日)でコンセプトカー「オペル・モンツァ コンセプト」を公開すると発表した。

「オペル・モンツァ クーペ」(1978-1986)
「オペル・モンツァ クーペ」(1978-1986)

オペル・モンツァ コンセプトは、オペルのクルマ作りの方向性を示すコンセプトカー。デザインは彫刻的で正確さをむねとする同社の造形哲学を進化させたものとし、同時に車両構造や空力特性、パワートレイン、使用する素材において最大限の効率を目指しているという。

モンツァという車名は、1978年から1986年まで生産された同名のクーペにちなんでいる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。