10台限定の黒い「BMW M5」が登場

2013.07.10 自動車ニュース

「BMW M5 Nighthawk」


    「BMW M5 Nighthawk」

10台限定の黒い「BMW M5」が登場

BMWジャパンは2013年7月10日、「BMW M5」の限定モデル「M5 Nighthawk(ナイトホーク)」を10台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、M5をベースに特別な内外装のコーディネートやエンジン、ドライブトレインのチューニングを施したものである。

外装では、ボディーカラーにマットペイントのBMW Individualフローズン・ブラックを採用。鍛造の20インチホイールもマットブラックで塗装しているほか、キドニーグリル、サイドギル(フロントフェンダーのエアアウトレット)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプをダーククロム仕上げとするなど、ボディー全体がブラックでまとめられている。

一方内装には、鮮やかなサキールオレンジのパーフォレーテッドフルレザー・メリノインテリアと、BMW M Performanceカーボンインテリアトリムを採用している。

ドライビングダイナミクスについても専用のセッティングを施しており、4.4リッターV8ツインターボはベース車より15ps高い575psの最高出力を発生。0-100km/h加速は4.2秒と、0.1秒の短縮を実現している。
また、サスペンションとステアリングにも専用のセッティングを施しているほか、ブレーキにはMカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備している。

これらを含む具体的な仕様、装備は以下の通り。

・ボディーカラー:BMW Individualフローズンブラック
・コンペティションパッケージ
専用サスペンションセッティング
専用ステアリングセッティング
専用Mダイナミックモードセッティング
スポーツエキゾーストシステム
ブラッククロムテールパイプ
・Mライトアロイホイールダブルスポークスタイリング343M(鍛造/20インチ/専用マットブラック塗装仕上げ)
(フロント)9Jx20ホイール+265/35ZR20タイヤ、
(リヤ)10Jx20ホイール+295/30ZR20タイヤ
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・LEDヘッドライト
・ダーククロム仕上げのキドニーグリル、サイドギル、ドアハンドル
・パーフォレーテッドフルレザーメリノインテリア(シート、ドア内張り、センターコンソールサイド、インストゥルメントパネル、シートバック裏側)
・シート/インテリアカラー:サキールオレンジ/ブラック
・BMW M Performanceカーボンインテリアトリム(インストゥルメントパネルおよびドアトリム)
・ドライビングアシスト:レーンディパーチャーウォーニング[車線逸脱警告システム]、前車接近警告機能、衝突回避被害軽減ブレーキ
・レーンチェンジウォーニング
・アクティブプロテクション
・専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)

予約受付は2013年7月10日から同年8月30日までの期間限定で、申し込みが10名を上回った場合は抽選で購入者を決定。納車は同年10月からを予定している。価格は1820万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M5セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)/M4クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.2 試乗記 パワフルな直6ターボエンジンを積む新型「BMW M3セダン」に、サーキットで試乗。2ドアモデルとして独立した兄弟車「M4クーペ」とあわせて、その実力を報告する。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)/M4クーペ(FR/7AT)【海外試乗記】 2014.6.4 試乗記 新型「BMW M3セダン/M4クーペ」に向けられる最大の興味は、何といっても新型ストレート6ユニットの出来栄えだろう。それに加えて大幅な軽量化とさまざまな新機軸の採用で磨かれたツインズは、ワインディングロードで、そしてサーキットで、どんなフットワークを見せるのだろうか。ポルトガルで試乗した。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみた
    2017.2.24 特集 webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
ホームへ戻る