「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

2013.07.10 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。

「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

富士重工業は2013年7月10日、「スバルXVハイブリッド」の受注状況を発表した。

 
「スバルXVハイブリッド」の受注が好調の画像

■EyeSight装着率が9割以上

2013年6月24日の発売された「スバルXVハイブリッド」の受注台数は、発売後2週間(2013年7月7日)で5580台に達した。これは月販目標(550台)の10倍を上回る数字。
一方、「スバルXV」シリーズ全体の受注台数に占めるハイブリッド比率は、約7割に上るという。
同モデルの具体的な受注内容は以下の通り。

1.グレード構成比
ハイブリッド2.0i-L EyeSight 91.4%
ハイブリッド2.0i-L 4.4%
ハイブリッド2.0i 4.2%

2.ボディーカラー構成比
サテンホワイト・パール 28.3%
デザートカーキ 14.7%
アイスシルバー・メタリック 13.0%
プラズマグリーン・パール 11.2%
クリスタルブラック・シリカ 9.4%
ディープシーブルー・パール 7.9%
ヴェネチアンレッド・パール 5.8%
タンジェリンオレンジ・パール 5.3%
ダークグレー・メタリック 4.4%

3.購入者年齢構成比
29歳以下 7.0%
30歳~39歳 14.3%
40歳~49歳 23.1%
50歳~59歳 26.5%
60歳以上 29.1%

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る