「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

2013.07.10 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。

「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

富士重工業は2013年7月10日、「スバルXVハイブリッド」の受注状況を発表した。

 
「スバルXVハイブリッド」の受注が好調の画像

■EyeSight装着率が9割以上

2013年6月24日の発売された「スバルXVハイブリッド」の受注台数は、発売後2週間(2013年7月7日)で5580台に達した。これは月販目標(550台)の10倍を上回る数字。
一方、「スバルXV」シリーズ全体の受注台数に占めるハイブリッド比率は、約7割に上るという。
同モデルの具体的な受注内容は以下の通り。

1.グレード構成比
ハイブリッド2.0i-L EyeSight 91.4%
ハイブリッド2.0i-L 4.4%
ハイブリッド2.0i 4.2%

2.ボディーカラー構成比
サテンホワイト・パール 28.3%
デザートカーキ 14.7%
アイスシルバー・メタリック 13.0%
プラズマグリーン・パール 11.2%
クリスタルブラック・シリカ 9.4%
ディープシーブルー・パール 7.9%
ヴェネチアンレッド・パール 5.8%
タンジェリンオレンジ・パール 5.3%
ダークグレー・メタリック 4.4%

3.購入者年齢構成比
29歳以下 7.0%
30歳~39歳 14.3%
40歳~49歳 23.1%
50歳~59歳 26.5%
60歳以上 29.1%

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る