「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

2013.07.10 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」。ルーフレールはメーカー装着オプション。ボディー色はプラズマグリーン・パール。

「スバルXVハイブリッド」の受注が好調

富士重工業は2013年7月10日、「スバルXVハイブリッド」の受注状況を発表した。

 
「スバルXVハイブリッド」の受注が好調の画像

■EyeSight装着率が9割以上

2013年6月24日の発売された「スバルXVハイブリッド」の受注台数は、発売後2週間(2013年7月7日)で5580台に達した。これは月販目標(550台)の10倍を上回る数字。
一方、「スバルXV」シリーズ全体の受注台数に占めるハイブリッド比率は、約7割に上るという。
同モデルの具体的な受注内容は以下の通り。

1.グレード構成比
ハイブリッド2.0i-L EyeSight 91.4%
ハイブリッド2.0i-L 4.4%
ハイブリッド2.0i 4.2%

2.ボディーカラー構成比
サテンホワイト・パール 28.3%
デザートカーキ 14.7%
アイスシルバー・メタリック 13.0%
プラズマグリーン・パール 11.2%
クリスタルブラック・シリカ 9.4%
ディープシーブルー・パール 7.9%
ヴェネチアンレッド・パール 5.8%
タンジェリンオレンジ・パール 5.3%
ダークグレー・メタリック 4.4%

3.購入者年齢構成比
29歳以下 7.0%
30歳~39歳 14.3%
40歳~49歳 23.1%
50歳~59歳 26.5%
60歳以上 29.1%

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る