ジャガーから往年をしのばせる単座レーサー

2013.07.10 自動車ニュース
「ジャガー・プロジェクト7」
「ジャガー・プロジェクト7」
    拡大

ジャガーから往年をしのばせる単座レーサー

英ジャガーは2013年7月10日、コンセプトカー「Project 7(プロジェクト7)」の概要を発表した。

同車は2013年7月11日~14日に開催されるヒルクライムイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、ジャガーが公開を予定しているワンオフのデザインスタディーモデルである。車名の「プロジェクト7」は、同社がルマン24時間耐久レースにおいて通算7度優勝していることにあやかったものだ。

ジャガー社内のデザインを同社デザインディレクターのイアン・カラムが実車に落とし込んだもので、2シーターオープンスポーツの「Fタイプ」をベースに車内をシングルシーター化。バケットシートを備えた運転席のとなりには、助手席ではなくヘルメットホルダーが設けられている。

外装にも大幅に手を加えており、運転席の後方には往年のレーシングカーを思わせるフェアリングを装備。フロントウィンドウも低く切りつめたものとなっている。またフロントバンパーのデザインもベース車から変更。往年のレーシングチーム「エキュリーエコス」の「ジャガーDタイプ」をほうふつさせるブルーのボディーには、カーボンファイバー製のフロントスポイラーやサイドスカート、リアディフューザーを装備している。

エンジンは「Fタイプ V8 S」のスーパーチャージャー付き5リッターV8 DOHCに専用のチューニングを施したもので、最高出力550ps/6500rpm、最大トルク69.4kgm/2500-5500rpmを発生。ベース車よりそれぞれ55ps、5.7kgmの向上を果たしている。またダンパーやスプリングもベース車から変更されており、最低地上高は10mm低くなっている。

これらの改良により、0-100km/h加速4.2秒、最高速度300km/hという動力性能を実現。グッドウッド・フェスティバルでは、ジャガーのチーフエンジニアであるマイク・クロスにより、走る姿が披露される予定だ。

(webCG)

→「ジャガー・プロジェクト7」のより詳細な写真はこちら

 

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブルジャガーイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • ジャガーFタイプ V8 S(FR/8AT)【試乗記】 2013.7.21 試乗記 「Eタイプ」以来、ジャガーが50年余りの時を経て世に問うた2シータースポーツカー「Fタイプ」。その“本気度合い”を知るために、箱根のワインディングロードで5リッターV8スーパーチャージドユニットを解き放った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
ホームへ戻る