最強の「プジョーRCZ R」が登場【フランクフルトショー2013】

2013.07.10 自動車ニュース
シリーズ最強の270psを誇る「プジョーRCZ R」。
シリーズ最強の270psを誇る「プジョーRCZ R」。

【フランクフルトショー2013】最強の「プジョーRCZ R」が登場

仏プジョーは2013年7月10日、2ドアクーペ「RCZ」の高性能仕様「RCZ R」の概要を発表した。7月11日からイギリスで開催されるヒルクライムイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で先行披露し、フランクフルトモーターショー(会期:9月10日~22日)で一般公開する。

■1.6ターボは“リッター当たり170ps”へ

開発はプジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールが担当した。1.6リッター直4ツインスクロールターボエンジンは、「RCZ」シリーズで最も強力な270ps/6000rpmと33.7kgm/1900-5500rpmを発生させ、加速性能は0-100km/h:5.9秒、0-400m:14.2秒、最高速は250km/h(速度リミッター作動)と発表されている。また、サスペンションはより固められ、車高は標準車より10mm低められる。タイヤサイズは235/40R19。

外観では、固定式の大型リアスポイラーが目を引く。ボディーカラーは4色(赤、黒、白、グレー)設定され、欧州では注文者の好みに応じてカーボンルーフやボディーステッカーなどを選べるカスタマイズメニューも用意される予定。
発売は欧州で2014年初頭となる見込み。プジョーは2012年のパリモーターショーで、同名のコンセプトカーを披露していた。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る