クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3745×1685×1380mm/ホイールベース=2465mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=339万円(テスト車=383万3270円)

MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】

妥協なき突貫小僧 2012.03.11 試乗記 MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)
……383万3270円

MINIシリーズ初の2シーターモデルとして生まれた「MINIクーペ」。クルマとしてのできは、いかほどか? ホットな“クーパーS”で確かめた。

オープンになりそうなフォルム

「何それ、ミニのオープン?」

試乗の途中、ふとイタリア旧車のショップに立ち寄ると、「アルファ・ロメオ ジュリア スパイダー」のメンテナンスをしていたM氏が声をかけてきた。なるほど。現代のクルマにはまったくといっていいほど興味のない彼には、そう見えたのか。けれども、ある意味この見立ては正しい。「MINIクーペ」のフォルムは、明らかにオープンを前提としている。ルーフを何とかして折りたたみ、トランスフォームしそうなたたずまいだ。

実際には、オープン版の「MINIロードスター」は昨年10月に発表され、日本でも1月に受注が開始された。多くの部分をクーペと共用し、ルーフにはソフトトップを採用している。2台で2シーターグループを構成し、MINIファミリーを拡大した。今や、MINIのウェブサイトには、スペシャルモデルを除いても、22種類もの選択肢がラインナップされているのだ。これだけバリエーションが広がっても、MINIのアイデンティティーはしっかり保たれているのが偉い。デザインのアイコン性がいかに強いかがわかる。

試乗したモデルのグレードは「クーパーS」で、184psの1.6リッターターボエンジンを搭載する。自然吸気で122psの「クーパー」と211psのハイチューンエンジンを載せる「ジョンクーパーワークス」にはさまれた中間のグレードだ。ロードスターのクーパーSは364万円で、価格差は25万円となる。安い分、オープンエアの爽快さが味わえないとネガティブに考えるか。それとも、クーペならではのアドバンテージがあるお得なモデルなのか。


日本では、2011年9月に受注が始まった「MINIクーペ」シリーズ。「MINIハッチバック」に比べて13度寝かされたAピラーや特徴的なルーフが、空力に優れたフォルムを形づくる。
日本では、2011年9月に受注が始まった「MINIクーペ」シリーズ。「MINIハッチバック」に比べて13度寝かされたAピラーや特徴的なルーフが、空力に優れたフォルムを形づくる。 拡大

MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
リアエンドには、速度が80km/hを超えると自動的に上昇し、60km/hを下回ると元に戻る「アクティブリヤスポイラー」が備わる。ドライバーの任意による操作も可能。
リアエンドには、速度が80km/hを超えると自動的に上昇し、60km/hを下回ると元に戻る「アクティブリヤスポイラー」が備わる。ドライバーの任意による操作も可能。 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

小さくて堅牢なカタマリ

シルバールーフにストライプまで入った派手な外観に恐れをなして運転席に潜り込むと、インストゥルメントパネルの中央に鎮座する巨大なスピードメーターがMINIファミリーの一員であることを印象づける。寸足らずのように見えるシルエットから想像するほどには、室内は窮屈ではない。フィット感のいいシートに身を沈めると、囲まれ具合が心地よい。

リアスポイラーは80km/hを超えると自動的にせり上がるが、止まっていても任意に上下させることができる。撮影のために操作しようとしたのだが、スイッチが見つからずに難儀をした。ミニはもともと操作系が独特の配置になっていて、初めて乗る人は戸惑いやすい。上を見るとルームミラーの装着部というトリッキーな場所にスイッチを発見した。昔「アルファ・ロメオ75」でサイドウィンドウを開けるのに10分以上かかったのを思い出した。

ステアリングホイール、シフトノブの感触がなにしろしっかりしているから、触れるだけでこのクルマのタイトな作りを感じ取れる。走り出せば、さらに明確に小さくて堅牢(けんろう)なカタマリに乗っていることを理解するのだ。適度なサイズと過剰なほどの剛性感により、人とクルマとの一体感が演出される。自分の意思がクルマの動きに直結しているように思えるから、さほどスピードを出さなくても気分は高揚するのだ。やみくもにハイパワーなだけでは、この快楽は生じない。

とはいえ、マニュアルトランスミッションを介してダイレクトに路面に伝えられる動力は、まったくもって十分以上なのだ。目の前にあるメーターの針が敏感に動くのも面白く、つい無意味に回転を上げてしまう。轟(とどろ)くような低音がボリュームを増すのに正比例して加速することが、うれしさの源泉である。心の原始的な部分を刺激するクルマだ。

ほかMINIファミリーと共通のトーンでデザインされたインテリア。ピアノブラックの「インテリアサーフェス」やルースターレッドの「カラーライン」はオプション。
ほかMINIファミリーと共通のトーンでデザインされたインテリア。ピアノブラックの「インテリアサーフェス」やルースターレッドの「カラーライン」はオプション。 拡大

MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大
荷室の容量は、「MINIハッチバック」よりも広い280リッターが確保される。中央にはスキーホール(スルー・ローディング・システム)が備わり、長尺物の積載に対応する。
(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、「MINIハッチバック」よりも広い280リッターが確保される。中央にはスキーホール(スルー・ローディング・システム)が備わり、長尺物の積載に対応する。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

カラダにフィットするミニマム空間

速度を上げ、6速にまでシフトアップしても、まだまだ加速は続く。「SPORT」と記されたボタンがあって、それを押すとオーバーブースト機能が働いてトルクが24.5kgm(240Nm)から26.5kgm(260Nm)にアップするのだが、そうまでする必要を感じる場面はなかった。

今時のクルマらしく、パワーばかりを追求するのではなくて、アイドリングストップ機構も装備されている。停止するたびに律義にエンジンが止まったが、ほとんどの場合30秒ほどするとエンジンがスタートした。バッテリーの容量の関係なのか、早めに再始動するようになっているらしい。

屋根を低くし、後席も省いて走りに照準を合わせたスペースを作り上げた割には、案外荷物も積める。シートの後ろにはちょっとしたバッグなら問題なく置ける空間があるし、ハッチを開けると深さはないものの面積の広い荷室がある。280リッターという数字は、4人乗りのMINIの160リッターという荷室容量をはるかに凌駕(りょうが)している。もちろん、4人乗りモデルが後席を倒して680リッターまで荷室を拡大するような芸当はできないわけだが。

なによりも、カラダにフィットし、一心同体となれるミニマム空間を作り上げたのがMINIクーペの身上だ。正直言って、乗り心地がいいとは言えない。17インチホイールを履いていることもあり、震動はガツガツと伝わってくる。それでも、さして不快に感じないのは、カラダがクルマと同じ動きをしているからだ。デカいずうたいがズッシンバッタン暴れるのと違い、揺れが一体感の表れのようにも思えてしまう。ステアリング操作に対する素早い動きやブレーキのガツンとした効きを実現させるための代償だと思えば、何ほどのこともない。

屋根を開けるモデルでは、もう少し“ゆるふわ感”が加わるはずだ。それはまた違う魅力を持つだろうけれど、この妥協のない狭さと硬さを味わうことはできない。MINIクーペをドライブするのは、得がたい体験である。あたかも機械の一部になったような気分にさせてくれるのだ、この突貫小僧は。

(文=鈴木真人/写真=峰昌宏)

ターボで過給される1.6リッター直4エンジンは、184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpmを発生。スポーツボタン(オプション)を押すことで、2.0kgm多い26.5kgmの最大トルクを引き出せる。JC08モードの燃費値は17.6km/リッター。今回のテストでは、市街地(5):高速道路(4):山岳路(1)の割合で488kmを走行し、満タン法で12.8km/リッターの燃費を記録した。
ターボで過給される1.6リッター直4エンジンは、184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpmを発生。スポーツボタン(オプション)を押すことで、2.0kgm多い26.5kgmの最大トルクを引き出せる。JC08モードの燃費値は17.6km/リッター。今回のテストでは、市街地(5):高速道路(4):山岳路(1)の割合で488kmを走行し、満タン法で12.8km/リッターの燃費を記録した。 拡大
「MINIクーパーS クーペ」のシートは、ふたつ。その背後の空間もミニマムだが、スキーホールを通じて、車内に居ながら荷室に物を置くことができる。
「MINIクーパーS クーペ」のシートは、ふたつ。その背後の空間もミニマムだが、スキーホールを通じて、車内に居ながら荷室に物を置くことができる。 拡大
【テスト車のオプション装備】
アロイホイール・ツイン・ブレード・スポーク・タイヤ=10万円/マルチファンクションステアリング=3万5000円/ランフラットタイヤ=1万8000円/ブラック・リフレクター・ヘッドライト=2万5000円/シルバールーフ&ミラーキャップ=1万7000円/シルバー・スポーツ・ストライプ=2万5000円/クロームラインインテリア=2万2000円/インテリアサーフェス(ピアノブラック)=1万2000円/カラーライン(ルースターレッド)=2万6000円/スポーツボタン=3万円/自動防眩ルームミラー=2万5000円/DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)=2万8000円/ホワイトターンシグナルライト=1万円/シートヒーター=5万2000円/MINI ETC車載器パッケージ=1万8270円
【テスト車のオプション装備】
アロイホイール・ツイン・ブレード・スポーク・タイヤ=10万円/マルチファンクションステアリング=3万5000円/ランフラットタイヤ=1万8000円/ブラック・リフレクター・ヘッドライト=2万5000円/シルバールーフ&ミラーキャップ=1万7000円/シルバー・スポーツ・ストライプ=2万5000円/クロームラインインテリア=2万2000円/インテリアサーフェス(ピアノブラック)=1万2000円/カラーライン(ルースターレッド)=2万6000円/スポーツボタン=3万円/自動防眩ルームミラー=2万5000円/DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)=2万8000円/ホワイトターンシグナルライト=1万円/シートヒーター=5万2000円/MINI ETC車載器パッケージ=1万8270円 拡大

関連キーワード:
MINIクーペMINI試乗記

あなたにおすすめの記事