第304回:「ひこにゃん」に負けた日本車たち
パリの日本カルチャーイベント 第14回ジャパンエキスポ

2013.07.12 エッセイ

お祭りは電車から始まっていた

欧州最大の日本カルチャー紹介イベント、第14回「Japan Expo(ジャパンエキスポ)」が2013年7月4日から7日までパリ北郊のメッセ会場で開催された。ジャパンエキスポは日本のマンガ&アニメカルチャー、ビデオやファッションなどのポップカルチャー、日本旅行などのツーリズム、そして伝統文化を中心に紹介するものである。

主催しているのはフランスの日本ファンが1999年に創業したイベント会社で、同年に行われた第1回は極めて小さな催しだったという。毎年、開催回数は単なる「○○th」ではなく、「○○th IMPACT」と記されるのが恒例だ。近年は同じフランスのマルセイユやオルレアン、ベルギーのブリュッセルなどでも行われている。

会場に向かう郊外鉄道に乗るべく、パリ北駅の地下ホームで待つ。RERのB線といわれるこの鉄道、たびたび車内で凶悪犯罪が発生する要注意路線だ。ドアが開いた途端、ボクはいつも同様、それなりの緊張感を持って乗り込んだ。
ところが今日はどうだ。青少年たちが、まるで修学旅行のように騒ぎながら乗っている。若い娘はネコ耳やミツバチの触覚を頭につけ、若者はアニメそのものの模造刀を提げていた。

電車はプジョー・シトロエン工場があるオルネー・スー・ボワ駅の手前で、信号停止してしまった。冷房なき車内の温度は、どんどん上昇してゆく。しかし青少年たちは、おしゃべりを楽しんでいる。
パリには毎年2月に別の日本カルチャーイベント「PARIS MANGA」があって、そちらはもっとアクセスがよい市内メッセ会場で行われる。だが、彼らにとって郊外で開催されるジャパンエキスポは、遠足感覚でこれまた楽しめてしまうようだ。やがて約20分後、車両が動きだすと、一斉に拍手や歓声がわいた。メッセまでまだかなり駅数があるというのに、すっかりできあがっちゃっている。

ジャパンエキスポ会場で。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」。一日数回の出番だったが、行く先々でたちまち来場者の人気者に。
ジャパンエキスポ会場で。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」。一日数回の出番だったが、行く先々でたちまち来場者の人気者に。
PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンズ』のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーたち。
PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンズ』のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーたち。
トヨタと映像制作会社「STUDIO4℃」のコラボレーションによるブース。的に命中させると、キャラクターのステッカーがもらえる。なお、車両展示はなし。
トヨタと映像制作会社「STUDIO4℃」のコラボレーションによるブース。的に命中させると、キャラクターのステッカーがもらえる。なお、車両展示はなし。
合気道の実演ブース。
合気道の実演ブース。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。