ボルボV60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)

きっと長く付き合える 2013.07.18 試乗記 長く乗ってこそ、わかることもある。3リッターの「V60 R-DESIGN」で、1泊2日のロングツーリング。晴れも雨も、山坂道も高速も、すべて試して感じたことは?

じんわりよさが伝わるタイプ

ボルボ・カー・ジャパンのお誘いで会津・喜多方を訪れた。いわゆるメディア向け試乗会では、主催者がロケーションやスケジュールに趣向を凝らし、ユニークな取り組みをするのがこの業界の慣習なのだが、朝食にラーメンを用意してもらったのは、初めての経験だった。

喜多方ラーメン。嫌いじゃないけれど、さすがに朝からはどうなの? と思ったが、意外にあっさり食べられるんだな。てっきり旅程に盛り込むためにボルボが特別に朝から開店させたのだと思っていたら、ほかにもお客さんがいてびっくり。さらにわれわれが訪れた老舗の満古登(まこと)食堂が特別なわけではなく、朝から開いている店はほかにもあって、つまりこの辺では朝からラーメンはわりと普通のことらしい。

旅のお供は「V60 T6 AWD R-DESIGN」。ボルボはしばしば東京から数百キロ離れた先に目的地を設定し、われわれを遠くまで走らせたがる。前述の通り“趣向を凝らす”ためでもあるが、一番の理由は自社の商品がロングツーリングでこそ真価を発揮すると考えているからだろう。実際、3リッター直6ターボエンジン横置きというユニークなレイアウトを採用するこのクルマも、長時間、高速道路を走れば走るほど、じわじわとよさが伝わってくるタイプだった。

喜多方の街を行く「V60」。今回試乗した「T6 AWD R-DESIGN」はV60シリーズの最上級グレード。

喜多方ラーメンの有名店、まこと食堂のチャーシューメン。舌代は900円也。平日の朝だというのに、店内は結構な混雑ぶりだった。

(写真=ボルボ・カー・ジャパン)

旅立ちの朝、都内にて。ブラックサファイアメタリックのボディーが東京駅の赤レンガに映える。
3リッター直6ターボエンジンは、304psと44.9kgmを発生。JC08モード燃費は8.5km/リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る